産経オンライン英会話

35 3.39    講師について:3.92   レッスン内容:4.00   教材:3.83   料金:4.00   受講システム:   通話品質:3.00  

口コミ 口コミ詳細

総合コメント
4 人中、4人が、参考になったと投票
悪い点ですが、まずもって講師のレベルが低過ぎることです。

正直、習っている私よりスピーキングが拙い上に文法間違いが目立つ講師が多いです。
「良い点」のところに書いた通り、講師の実力さえ伴えば、
「音声を聞きながら音読予習する→実際にレッスンで使ってみる→文法や発音の間違いを指摘してもらい、フィードバックにも書いてもらう→復習する」
という流れが体系的に構築されていることは素晴らしいと思います。
ただ、その講師の文法力や発音力が伴わないんです。
例を挙げると、「is scheduled for Friday (金曜日に予定されている)」という文章をわざわざ「will be scheduled on Friday」という文章に直されたり(それ、「金曜日になったら予定を立てる」という意味ですよ)。
こんな文法誤りが数えきれないぐらいフィードバックされてきます。中には、明らかに「こいつ、こっちの言ったことがまるで聞き取れてないだろ」ってレベルの素っ頓狂なフィードバックが返ってくることも。
発音に関しても、かなり酷い講師がいます。
specificの発音が「especially」と同じように頭に”e”の音を入れるように直されたり。
あとは、実力のない講師ほど、判で押したように「lとrの発音に注意して」と言います。
個人的に、ネイティブに「日本人なのにlとrの区別がちゃんと出来てるね」と言われたことはあっても、そんなことは言われたことはありません。
理由を聞くと、これも判で押したように「日本人はlとrの発音が苦手だから」と一様に言われます。いや個人としての指導じゃないんかい!と。
さらに、ここのスクールはCASECというスピーキングテストも売りにしているようなのですが、そのテストを実施出来る上級レベルの講師が壊滅的にいません。そのため、有名無実化しています。
繰り返しになりますが、教材からレッスンまでのシステマチックな流れは優れていますが、講師のレベルがついてきていません。
安上がりの非ネイティブ(フィリピン人)、その中でもかなりレベルの低い講師を集めていては意味がないと思います。

教材もCEFR B2レベル止まりですし、やる気のなさがありありと出たスクールです。
男性 / 40代前半 / 2019年頃から 1〜3ヶ月間 / 中上級    Taku /img/users/m_20_b.png
参考になった!  はい   いいえ
URL

基本情報 産経オンライン英会話の基本情報

ホームページ 公式サイトに移動
設立年月 2012年(平成24年)7月24日
初期費用 無料
教材費用 不要(市販テキスト利用時は実費)
授業プラン・コース料金 毎日25分、月額5980円
その他費用 なし
支払方法 クレジットカード決済、Paypal、銀行振込
使用教材 オンライン無料教材
講師の出身国 フィリピン
レッスン形式 マンツーマン
予約方法 レッスン開始30分前まで受付可能
キャンセルポリシー レッスン開始60分前まで受付可能
体験レッスン制度 無料体験レッスンあり
カテゴリ
講師の特徴
  • フィリピン人が主に担当
その他の特徴
  • 入会金無料
  • 料金が月謝制
  • 料金がポイントまたはチケット制
  • お試しレッスン有
  • 早朝レッスン可能
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です