こんにちは、TOEIC満点のKyokoです。イングリッシュカンパニーライザップイングリッシュの両方を体験した私たちが、この2つを徹底比較しました!

イングリッシュカンパニーとライザップイングリッシュの比較

日本人トレーナーが各生徒さんに合う学習プランを作成して、自習をサポートしてくれる英語コーチングスクール。短期間で高い効果が期待できるのが魅力です。

ただし、相場は月15〜20万円と高額。それだけに慎重に選びたいところですが、一見どのスクールも似通って見えて、違いが分かりにくいですよね。

そこでイングリッシュカンパニーとライザップイングリッシュの、コース、料金、レッスン内容などを比較した上で、みなさんにはどちらが向いているか分かりやすく解説します。

記事の目次 [非表示]

    イングリッシュカンパニーとライザップイングリッシュ、大きな違いは?

    まずはそれぞれの特徴を一言で表すと、

    • イングリッシュカンパニーは「効率的な時短学習」
    • ライザップイングリッシュは「圧倒的なアウトプット量」

    推奨する1日あたりの自習時間は、イングリッシュカンパニーが1〜1.5時間なのに対して、ライザップイングリッシュは3時間。

    月に換算すると30〜45時間と90時間という差になりますが、ここに両スクールの学習方針の違いが表れています。

    イングリッシュカンパニー:効率的な時短学習

    イングリッシュカンパニー 公式サイト

    イングリッシュカンパニーの母体は、大学受験予備校。英語力を向上させるノウハウが蓄積されています。

    また大学教授と共同で書籍を出版したり、大学や大学院で第二言語習得論を専門に学んだトレーナーが多く在籍したりと、専門性の高さが特徴です。

    専門的な知見を活かして、各生徒さんの英語力の課題を把握。そのため効率的な時短学習が可能なんですね。

    ライザップイングリッシュ:圧倒的なアウトプット量

    ライザップイングリッシュ 公式サイト

    ライザップイングリッシュの母体は、肉体改造のためのパーソナルジム。正しい習慣作りとモチベーション維持のプロ集団です。

    英語コーチングでもそのノウハウを活かし、圧倒的なアウトプット量を継続してこなせるようサポートしてくれます。

    サービス内容を比較

    ここからは両スクールのコースや期間、トレーニング頻度などを見ていきましょう。

      イングリッシュ
    カンパニー
    ライザップ
    イングリッシュ
    コース

    【1対1】
    ・全レベル対応コース

    ・1weekコース
    ・自習型「STRAIL
    【グループ】
    ・初級者向けコース
    ・中級者向けコース
    ・上級者向けコース

    【1対1】
    ・英会話コース
    ・TOEICコース
    (以下、太字のメインコースについて)
    期間 3〜6ヶ月 2~4ヶ月
    自習 1~1.5時間/日 3時間/日
    対面トレーニング 90分x週1〜2回 50分x週2回
    英会話レッスン オンライン英会話
    (外部サービス)

    イングリッシュカンパニー:多様なコースで個々に合った学習を

    イングリッシュカンパニー 体験レッスンの様子
    私たちがオンラインで体験した様子

    他のコーチングに比べ、イングリッシュカンパニーが「本当に個々に合った学習提案が可能」な理由は何でしょうか?

    それは高いスキルを持つトレーナーと多様なコースのおかげで、カスタマイズ度が高いからです。

    まず全レベル対応コースでは、各生徒のレベルや課題を鋭い視点から見極めます。その上で「音読シャドーイングディクテーション」などの学習法を細かく組み合わます。

    その他、より低価格のグループコース、トレーナーとの対面機会を減らした自習特化型の「STRAIL」というサービスも用意。

    (グループコースは対面トレーニングをグループで行いますが、毎日のオンラインサポートは1対1で対応)

    私たちがイングリッシュカンパニーを体験したときも、レベルチェックの結果から「全レベル対応コース」ではなく、よりお金も時間も抑えられるコースを勧めてもらいました。

    会社の利益ではなく「生徒さんの課題解決」を最優先したコース提案に、安心と信頼を感じましたよ。

    ライザップイングリッシュ:絶対的な学習量と実践

    ライザップイングリッシュ 体験レッスンの様子
    こちらもオンラインで体験しました

    ライザップイングリッシュには、英会話コースとTOEICコースがありますが、ここでは英会話コースに絞って説明します。

    アウトプットを重視するライザップイングリッシュ。

    他のコーチングと同じく音読やシャドーイングはもちろん、「クイックレスポンス」と「実践スピーキング」という独自のトレーニングも取り入れます。

    クイックレスポンスとは、日本語の文章を英訳したり、一部の単語を入れ変えたり、肯定文を疑問文に変換したりしながら、0.5~1秒で瞬間的に英語を口に出すトレーニングです。

    実践スピーキングとは、英会話の実践の場。外部サービスCamblyと提携し、24時間いつでもネイティブと会話できる環境を用意しています。

    ここではただフリートークをするのではなく、トレーナーが用意したトピックについて予習をした上で、レッスンでアウトプットを行います。

    コースの選択肢やカスタマイズ度はイングリッシュカンパニーに負けるものの、1日3時間という圧倒的な学習量と、それを支えるコーチングのノウハウが強みです。

    料金を比較

      イングリッシュ
    カンパニー
    ライザップ
    イングリッシュ
    1対1

    全レベル対応コース
    3ヶ月544,500円
    (入会金55,000円)

     

    6ヶ月646,800円

    (入会金55,000円)

     

    1weekコース
    1週間11,000円

    英会話コース
    3ヶ月580,800円
    (入会金55,000円)

    TOEICコース
    3ヶ月495,000円
    (入会金55,000円)
    グループ 初級者向けコース
    6ヶ月264,000円
    (入会金22,000円)

    中級者向けコース
    2ヶ月220,000円
    (入会金22,000円)

    上級者向けコース
    2ヶ月203,500円
    (入会金22,000円)

    ※両スクール、別途教材費がかかります。

    メインのコースを比較すると、ライザップイングリッシュのほうが月あたり約1万円高いですね。

    ライザップイングリッシュには月1万円程のオンライン英会話が含まれていますが、一方でトレーナーとの対面トレーニングはイングリッシュカンパニーのほうが約2倍長いです。

    受講料については大きな差は無いですが、あえて言うならイングリッシュカンパニーのほうが少しだけ安めと考えて良いでしょう。

    割引や給付金でお得に!

      イングリッシュ
    カンパニー
    ライザップ
    イングリッシュ
    割引 お友達紹介
    (お互い1万円割引)

    他スクールから移籍
    (1万円割引)
    教育訓練給付制度対象 全レベル対応コース TOEICコース
    分割払い 3~15回
    (3回だと金利0%)
    最大60回
    (金利19.8%)
    返金保証 受講開始から30日 受講開始から30日

    両スクールとも期間限定のキャンペーンを行っていることもありますが、常に割引があるのはイングリッシュカンパニーのみ。

    また「一般教育訓練給付制度」は、受講料の最大20%もしくは10万円が返ってくるお得な制度です。

    イングリッシュカンパニーはメインのコースである全レベル対応コースが対象ですが、ライザップイングリッシュはTOEICコースのみ。

    全体的に割引が充実しているのは、イングリッシュカンパニーのようですね。

    スクール所在地・営業時間を比較

      イングリッシュ
    カンパニー
    ライザップ
    イングリッシュ
    校舎 関東と関西に計14校
    (池袋、恵比寿、大宮、神田、銀座、品川、新宿、有楽町、有楽町第2、六本木、横浜、梅田、神戸、四条烏丸)
    東京に計9校
    (銀座、渋谷、池袋、新橋、新宿御苑、日本橋、新宿、秋葉原、赤坂見附)
    営業時間 平日 10:00-22:00
    土日祝 9:30-22:00
    毎日7:00‐23:00
    オンライン受講 可能 可能

    校舎数および校舎があるエリアは、イングリッシュカンパニーの圧勝です。関西で校舎を探している人は、イングリッシュカンパニー一択ですね。

    イングリッシュカンパニー 校舎
    イングリッシュカンパニーの校舎

    ただし両スクールとも、完全オンラインでの受講が可能です。

    私たちも実際にオンラインで体験しましたが、通学時間の節約になるし、教材もオンライン用に作られているので不便はありません。

    なのでオンラインであっても、校舎に通うのとほぼ同等のサービスが受けられますよ。

    一方で営業時間については、ライザップイングリッシュが勝っています。出社前に利用が可能なのは、ライザップイングリッシュのみのようですね。

    両スクールの違いをまとめました

    ここまで解説してきた両スクールの違いを、もう一度まとめておきます。

    自習はイングリッシュカンパニーが短め

    1日の自習時間は、イングリッシュカンパニーが1~1.5時間、ライザップイングリッシュが3時間です。

    この違いは、各スクールの強みからも説明できます。

    実践はライザップイングリッシュが多い

    イングリッシュカンパニーのトレーナーのスキルは、コーチングの中でもトップ。コースの種類が豊富なこともあり、各生徒にとって効率的な「時短学習」が可能です。

    ライザップイングリッシュは自習でも英語を声に出す機会が多く、毎日のようにネイティブとも話せます。実践の場が多いのは、ライザップイングリッシュです。

    イングリッシュカンパニーが若干お得

    両スクールの料金は、大きくは変わりません。

    ただし対面トレーニングの長さや割引制度を考えると、イングリッシュカンパニーのほうが少しだけお得に受講しやすいと言えるでしょう。

    イングリッシュカンパニーとライザップイングリッシュ、おすすめは?

    イングリッシュカンパニーとライザップイングリッシュの比較

    イングリッシュカンパニー向きの人

    • 確保できる学習時間が限られている人
    • 知識を増やして英語力を底上げしたい人
    • 英語学習に精通したトレーナーに学びたい人

    やはりイングリッシュカンパニーの強みは、トレーナーのスキルと多様なコース選択。そのおかげでカスタマイズ度が高く、短い時間で効率的な学習が可能です。

    信頼できるトレーナーのもとで自分に最適な学習を進めて、たくさんインプットを行い、英語力を底上げしたい方におすすめです。

    イングリッシュカンパニー公式サイト

    ライザップイングリッシュ向きの人

    • 1日3時間確保できる、やる気が高い人
    • 知識はあるがスピーキングが弱い人
    • 手厚いオンラインサポートが欲しい人

    一般的にコーチングは自習がメインのサービスですが、その中でもライザップイングリッシュは「いきなり話題を振られても対応できる会話力」を身につけやすいです。

    1日の学習時間も長いですが、そこはライザップならではのコーチングスキルを頼りに頑張りましょう。

    ライザップイングリッシュ公式サイト

    無料体験を受けてみよう

    コーチングスクールは安くないので、始めるのに勇気がいりますよね。

    でも週1回の英会話レッスンを何年も続けるより、コーチングスクールで数ヶ月集中して学んだほうが、効果は高いかもしれません。

    また正しい学習習慣が身に付くと、コース修了後も自力で英語力アップを目指せます。

    英語ができると仕事のチャンスも広がります。私はコーチングは正しい投資だと思います!

    イングリッシュカンパニーとライザップイングリッシュの両方で、対面およびオンラインの体験を受け付けています。みなさんも試してみてはいかがですか?

    スポンサーリンク

    Kyoko

    大学では英語音声学を勉強し、卒業後はシンガポールとカナダの語学学校で日本人スタッフとして3年間勤務していました。現在はカナダ東部のトロント在住。英検1級、TOEFLiBT113点取得。個人で英→日の添削サービスもしてます!
    他にもこんな記事を書いています
    comments powered by Disqus
    ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です