こんにちは!TOEIC満点のKyokoです。フィリピン人に英語を学ぶメリットやデメリット、そしてフィリピン人講師が中心のオンライン英会話10選を紹介します。

ひと昔前は、英会話の先生というとアメリカ人やイギリス人のイメージが強かったですよね。

でもここ10年ほどの間にインターネットが著しく発達したおかげで、実際に会わなくても、相手の顔を見ながら会話することが可能になりました。

そこで生まれたのが「オンライン英会話」。

安く英語を学びたい日本人と、物価が安い国に住み高い英語力を持つフィリピン人の「需要と供給」がマッチし、私たちは格安で英会話レッスンを受けられるようになったんです。

ただ少なからず、こういう声を耳にすることもあります。

「フィリピン人の英語力ってどうなの?」
「英語が訛ってるって聞いたけど…」

そこでオンライン英会話のリサーチと体験を3年以上続けてきた私が、このような不安を解消したうえで、フィリピン人に学べるおすすめのオンライン英会話10選を紹介します。

口コミもたくさん載せていますよ!

目次 [非表示]

フィリピン人講師ってどうなの?

まずは簡単な豆知識を。フィリピンの公用語は英語とフィリピン語です。フィリピン語というのは、フィリピン人の多くが第一言語として話すタガログ語を元に作られた人工言語と言われています。

ただ公用語っていうのは、実はあまり当てになりません。例えば香港の公用語は英語と広東語ですが、香港の方たちの英語レベルって私たち日本人と大差ありません。

なので知るべきなのは「国民の本当の英語力」なんです。

英語力について

フィリピン人の多くは、英語以外の言葉、例えばタガログ語などを母語として話します。英語しか話せないという人はあまりいません。

ですがフィリピンでは国を挙げて英語教育に力を入れており、小学校から大半の授業が英語で行われています。

その証拠にフィリピンは「Business English Index(ビジネス英語指数)」という、英語を母語としない国の英語力を示す調査で3年連続1位になっています。

またフィリピンには、タガログ語以外に何百という少数言語を話す民族がいます。そのため異なる母語を持つ人たちの間でも、コミュニケーションツールとして英語が使われているんですね。

つまりフィリピン人には、高い英語力を持っている人が多いと言えます。特に英語が日常的に使われている首都のマニラや、留学先としても人気のセブ島では、その傾向がより強いと言えます。

発音(訛り)について

フィリピン人の英語の発音は、イギリス英語よりはアメリカ英語に近いことが多いです。やはり母国語の影響を受けた訛りも多少ありますが、聞き取りにくいということはほぼありません。

また現在は、世界中で英語を話す人の80%が非ネイティブと言われる時代。発音よりも話の中身やコミュニケーション能力が重視されます。

そもそも発音にこだわりすぎること自体が、時代遅れなんです。

メリットとデメリット

ここまでフィリピン人の英語について、

  • 第一言語ではないが高い英語力を持つ
  • 少し訛っているが気にするほどではない

ということを書きました。

さらに英語を教えるとなると、どのオンライン英会話でも発音を含む英語力をしっかりテストして、高い英語力を持った人たちのみを採用しています。

ただそうは言っても、やはりどんなことにもメリットとデメリットがありますよね。ここでは英語ネイティブと比較したときの、フィリピン人に学ぶメリットとデメリットを考察します。

フィリピン人に学ぶメリット
・レッスン料金が安い
・日本人の気持ちを理解してくれる
・文法についての説明が上手
フィリピン人に学ぶデメリット
・発音には多少の訛りがある
・ネイティブの英語力には敵わない

まず、知らず知らずのうちに英語を話せるようになったネイティブと違って、フィリピン人は外国語として高い英語力を習得しています。

なので私たち英語学習者の気持ちを汲み取ってくれ、さらに文法などの説明についても上手な傾向にあります。

そしてもちろん価格が魅力的ですよね。フィリピンは物価が安いので、ネイティブに比べると5分の1程でレッスンが受けられます。

一方でやはり英語力については、ネイティブに劣ります。使える表現の幅や話すスピードについても、ネイティブには敵いません。

どんな人に向いている?

これらの情報を踏まえて、フィリピン人講師のレッスンはこのような方達に向いていると思います。

  • 初級者~中上級者(目安はTOEIC500~850点)
  • 日常英会話や旅行会話を伸ばしたい

一方で上級者(TOEIC850点~)はネイティブに学んで本場のフレーズやスピードに慣れたほうが良いと思います。逆に基礎から学びたいという英語初心者は日本人に学ぶのがおすすめですよ。

フィリピン人に学べるオンライン英会話10選

ここからはフィリピン人講師が中心となって教えている、おすすめのオンライン英会話を紹介します。

ネイティブキャンプ

  • 月6,480円でレッスン完全受け放題
  • やる気があれば1日何時間も英語漬けに
  • 大手ならではの充実の教材とシステム

ネイティブキャンプ

月6,480円でレッスンが完全無制限というコスパ最高のサービス。1日あたりのレッスン数にも制限がありません。留学並みに英語漬けになりたいという方は、ネイティブキャンプ一択です。

ネイティブキャンプは国際色がとても豊かで、100ヵ国以上からの講師が登録。

なかでも一番多いのがフィリピン人で、全体の約70%を占めます。人数にすると1万人以上。常に250人前後のフィリピン人講師が待機しているので、本当に会話し放題ですよ。

ネイティブキャンプは大手なので、やはりシステム面も使いやすさや抜群。独自の通話システムがあり、講師の顔、自分の顔、教材、チャットなどがいっぺんに表示できます。

ただしレッスンをあらかじめ予約しておく場合や、ネイティブのレッスンを受ける場合は別料金。なので「空いた時間にパソコンを開いて色んな講師と話したい!」という方におすすめです。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る(143件)
体験レポートを見る

代表的なプラン
(税込)
受け放題 月6,480円
25分単価 約200円(予約する場合)
予約 20レッスン分で1週間先まで
無料体験 1週間受け放題

DMM英会話

  • 毎日1レッスンだと25分209円~
  • 世界120ヵ国の講師が在籍
  • 教材のクオリティもトップクラス

DMM英会話

多様性でいえばDMM英会話はネイティブキャンプのさらに上を行っています。講師出身国はなんと約120ヵ国。すごいですよね!そしてそのなかの約半数がフィリピン人です。

DMM英会話は毎日1~3レッスン受けられるシステム。全講師に学べる「プラスネイティブプラン」と、ネイティブや日本人以外から選べる「スタンダードプラン」があります。

フィリピン人のレッスンを主に受けたい方にはスタンダードプラン。もちろんプラスネイティブプランよりも安く、毎日1レッスンプランだと25分209円~と安めです。

それでも「1日何レッスンも受けたい!」という方にはネイティブキャンプのほうがお得なんですが、個人的には教材のクオリティはDMM英会話のほうが上。

1日1レッスン、自分に合った教材を使ってコツコツ頑張りたい方におすすめですよ。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る(320件)
体験レポートを見る

代表的なプラン
(税込)
毎日1回
月6,480円
25分単価 209円
予約 翌日分のみ
無料体験 25分x2回

QQイングリッシュ

  • 講師全員がTESOL保有。初心者も安心
  • ポイントプランにしては単価が安め
  • カランメソッドの正式認定校

QQイングリッシュ

QQイングリッシュは外国人に学びたいと思っている初心者に一番おすすめしたいオンライン英会話。全員がオフィスにフルタイムで勤務していて、さらにTESOL資格を取得しているんです。

プランはポイント制で、25分単価は323円~。

もちろん上2つのオンライン英会話に比べると高めですが、自分のペースでレッスンを消化でき、さらに2週間先まで予約可能なのでお気に入りの講師に学びやすいと考えると、良心的な価格です。

またQQイングリッシュは、イギリス生まれで「通常のレッスンの4倍話せる」と話題のカランメソッドを強みとしています。通常のレッスンと同じ価格で受講できますよ。

レッスンクオリティを重視する初心者の方におすすめです。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る(169件)
体験レポートを見る

代表的なプラン
(税別)
ポイント制(月30回)
月9,680円
25分単価 323円
予約 2週間先まで
無料体験 25分x2回

イングリッシュベル

  • 最大6ヶ月先まで使えるポイント制
  • 講師は全員オフィスからレッスン
  • カランの進化版DMEメソッドの認定校

イングリッシュベル

講師にも生徒にも優しく「フェアトレードの精神」で運営されているイングリッシュベル。こちらも講師は全員オフィスに勤務しています。

プランはポイント制。月毎の「自動更新プラン」と、好きなタイミングで買い足せる「その都度購入プラン」があります。前者で月20回受ける場合の単価は441円、後者は490円です。

安いほうではありませんが、特に「その都度購入プラン」だと40日先まで予約可、ポイントを買い足せば最大6ヶ月まで繰り越しOKと、QQイングリッシュにも増して無駄が出にくいシステムです。

またイングリッシュベルも「カランメソッド」や、カランメソッドの進化版とも言える「DMEメソッド」が強み。

カランは決まった答えを繰り返して文法力や瞬発力を伸ばすのに対し、DMEは自分の意見を言ったり、先生に質問したりする機会もあるメソッド。より自然なスピーキング力を目指す方にぴったりです。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る(72件)
体験レポートを見る

代表的なプラン
(税別)
ポイント制(20回)
9,800円
25分単価 490円
予約 40日先まで
無料体験 25分x2回

レアジョブ

  • ビジネス英会話専用の毎日プランあり
  • ビジネスシーンに沿った実践的な教材
  • 特別なトレーニングを受けた講師が担当

レアジョブ

2007年といち早くサービスを開始したレアジョブ。長年のノウハウと上場している安心感から、多くの企業でも取り入れられています。

レアジョブはフィリピン人のオンライン英会話の中でも、ビジネス英会話に力を入れている会社。

ビジネス英会話専用の毎日1レッスンプランがあり、ビジネスシーンに沿って実践的なスピーキング練習ができる教材が自慢です。

スキルも経験もトップクラスの講師のみが、特別なトレーニングを受けてからレッスンを担当していますよ。

20代前半の講師も多いオンライン英会話ですが、ビジネス英語となるとある程度の経験が問われます。なので企業による導入実績が高く、専門のトレーニングを積んだ講師に学べるのはやはり安心ですね。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る(692件)
体験レポートを見る

代表的なプラン
(税別)
毎日1回
月9,800円
(ビジネス英会話)
25分単価 316円
予約 翌日分のみ
無料体験 25分x2回

ジオスオンライン

  • 大手英会話スクールNOVAが運営
  • 実践的なスピーキング教材
  • 豊富な料金プランを用意

ジオスオンライン

あの有名なNOVAグループを母体に持つジオスオンライン。NOVAで使われているテキストを使って学べる、唯一のオンライン英会話です。

テーマに沿ったフレーズ学習、ダイアログを使ったスピーキング練習、ペアワークなど、実践的な内容のテキストですよ。

ジオスオンラインには豊富なプランがあります。毎日1レッスンプラン、予約不要の曜日固定プラン、ポイント制プラン、デイタイム(平日11~18時)プランなど。

料金は平均的ですが、自分の生活スタイルに合わせてプランが選べるのは良いですよね。

基本的にはテキストに沿って学ぶので、色んな教材を単発で試したい人よりも、カリキュラムに沿って体系的に学びたい方におすすめです。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る(11件)
体験レポートを見る

代表的なプラン
(税別)
毎日1回
月7,980円
25分単価 266円
予約 翌日分のみ
無料体験 25分x1回

ビズメイツ

  • ビジネス英語専門のオンライン英会話
  • 役立つ自習コンテンツが充実
  • テストもあるのでしっかり定着

ビズメイツ

ビズメイツは名前からも分かるように、ビジネス英語専門のオンライン英会話。カリキュラムに沿って段階的に学びたい方におすすめです。

まず最初に生徒さんはレベルチェックで1~5レベルに分けられます。そして各レベルが1~5ランク、各ランクが20レッスンで構成されていて、ランクやレベルが上がるごとにテストがあるんです。

また月900円で各レッスンの復習動画が見放題だったり、メールの書き方などビジネスパーソンに嬉しいコンテンツを無料配信していたりと、レッスン外で使えるコンテンツが充実しています。

ここまでしっかりしたカリキュラムに沿って学べて、さらに自習コンテンツのクオリティが高いオンライン英会話は珍しいです。

安いほうではありませんが、本気で英語力を伸ばしたいビジネスパーソンにおすすめです。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る(81件)

代表的なプラン
(税別)
毎日1回
月11,000円
(復習用動画は+月900円)
25分単価 367円
予約 翌日分のみ
無料体験 25分x1回

ビズイングリッシュ

  • 担任講師によるレッスンが50分x平日毎日
  • 一人ひとりに合わせたレッスン内容
  • 毎日英作文や要約の課題あり

ビズイングリッシュ

ビズイングリッシュはここまで紹介してきたオンライン英会話とは少し異なります。なぜならプログラムは3ヶ月間、担任講師によるレッスンが平日毎日50分あるからです。

1ヶ月単位で利用できたり、自由に予約できたりする他のオンライン英会話と違って、3ヶ月は必ず英語学習にコミットする必要があります。

そしてビズイングリッシュでは、レッスン内容も宿題も一人ひとりのためにカスタマイズ。

例えば英語でのメールを強化したい方は自分の仕事で使えそうなテーマでメールを書いたり、スピーキング力を高めたい方は講師がピックアップしてくれたニュースを要約したりするんです。

その分料金も高く、3ヶ月で249,000円です。

英作文や要約をすると表現の幅が広がり、正しいアウトプットの力に繋がります。短期間で確実に力を伸ばしたい本気の方におすすめのオンライン英会話です

公式サイトを見る

代表的なプラン
(税込)
3ヶ月プログラム
249,000円
(50分x平日毎日)
25分単価 1,886円
予約 不要
無料体験 30分の日本語カウンセリング

キーアイ

  • ポイントプランで25分199円~と格安
  • 月1,000円以下で始めることも可能
  • 子供に慣れている講師が多い

最後に紹介する2つは格安系のオンライン英会話。まずキーアイは、無駄が出にくいポイント制プランのなかでは業界最安値です。

最大30レッスン受けられるプランは月5,980円で、25分あたり199円~と格安。とりあえず試してみたいという方のために、最大4レッスンで月980円のプランも用意されています。

多くのレッスンは1回1~2ポイント消費ですが、英検対策など特別レッスンは1回4~6ポイント消化。なので日常会話など通常のレッスンを受けたい方に向いています。

キーアイは、安さにこだわるけど毎日ではなく空いた日にまとめて受講したい方におすすめです。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る(80件)
体験レポートを見る

代表的なプラン
(税別)
ポイント制(月30回)
月5,989円
25分単価 199円
予約 2回分
無料体験 25分x2回

クラウティ

  • 1レッスン133円~と格安
  • 家族でシェアできるから無駄がない
  • 学研が作ったオリジナル教材

おそらく現在オンライン英会話業界で最安値なのがクラウティ。毎日1レッスンもしくは2レッスンのプランがあり、1レッスンなら25分150円~、2レッスンなら25分133円~と格安です。

しかもクラウティでは、1家族最大6人までで、ひとつのアカウントをシェアできるんです。毎日受講するのは難しいと思っていた方でも、他の家族メンバーが受ければ良いので無駄が出ませんよね。

教材についても、幼児~小学生向けの易しいもの、子育てに使えるもの、ビジネスや海外旅行に使えるものなどがそろっています。学研が作ったオリジナル教材ですよ。

家族何人かで一緒にオンライン英会話に挑戦したいという方にぴったりです。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る(6件)

代表的なプラン
(税別)
毎日1回
月4,500円
25分単価 150円
予約 翌日分のみ
無料体験 25分x1回

フィリピン人のオンライン英会話一覧

ここまで紹介してきたフィリピン人オンライン英会話10選の料金を表にまとめました。

  料金プラン 25分単価
ネイティブキャンプ 受け放題
月6,480円
DMM英会話 毎日1回
月6,480円
209円
QQイングリッシュ ポイント制
月10,648円
355円
イングリッシュベル ポイント制
10,780円
539円
レアジョブ 毎日1回
月10,780円
359円
ジオスオンライン 毎日1回
月8,778円
293円
ビズメイツ 毎日1回
月12,100円
403円
ビズイングリッシュ 3ヶ月
249,000円
1,886円
キーアイ ポイント制
月6,588円
220円
クラウティ 毎日1回
月4,950円
165円

※すべて税込で表示しています。

中でもおすすめトップ3は?

英語漬けになるなら:ネイティブキャンプ

月6,480円という驚きの価格で、レッスンが完全無制限なのはネイティブキャンプだけ。とにかく英語をたくさん話したい!という方にとって、ネイティブキャンプに勝るオンライン英会話はありません。

ネイティブ講師は別料金になりますが、基本料のみでも色んな国の講師と話すことができますよ。

ネイティブキャンプの公式サイト

色んな教材を試すなら:DMM英会話

DMM英会話は、教材の豊富さやクオリティがトップクラス。毎日1レッスン、コツコツ受講したいという方におすすめです。

ちなみにネイティブ講師のレッスンは業界最安値。「プラスネイティブプラン」で、フィリピン人とネイティブの両方にチャレンジするのも良いかもしれません。

DMM英会話の公式サイト

英語初心者なら:QQイングリッシュ

全講師がフルタイムでオフィスに勤務し、TESOLまで取得しているQQイングリッシュ。利用者から届いた口コミを見ても、満足度が高いオンライン英会話です。

外国人に学びたいと考えている英語初心者におすすめですよ。

QQイングリッシュの公式サイト

無料体験を受けてみよう

フィリピン人講師のオンライン英会話って、価格だけ見ればとても魅力的。でも「フィリピン人の英語力って、実際どうなの?」と不安に思ってしまう方もいると思います。

フィリピン人は外国語として高い英語力を身につけており、私たち学習者の気持ちも理解してくれます。またフレンドリーな国民性でも有名。

私も今まで何十回とフィリピン人のレッスンを受けてきましたが、多少の訛りはあっても、発音が気になってレッスンに支障があったなんてことはありません。

もちろん、基礎から学び直したいという初心者は日本人講師のほうが、本場の表現を学びたいという上級者はネイティブ講師のほうが向いています。

でも多くの方に当てはまるであろう「初~中上級レベルで、スピーキングを伸ばしたい」というニーズには、安さも考えるとフィリピン人講師のオンライン英会話が一番だと思います。

ここで紹介した全オンライン英会話で無料体験レッスンやカウンセリングを受けつけています。ぜひ気になった2~3校で体験を受けて、自分に合ったオンライン英会話を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

Kyoko

大学では英語音声学を勉強し、卒業後はシンガポールとカナダの語学学校で日本人スタッフとして3年間勤務していました。現在はカナダ東部のトロント在住。英検1級、TOEFLiBT113点取得。個人で英→日の添削サービスもしてます!
他にもこんな記事を書いています
comments powered by Disqus
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です