オンライン英会話 カランメソッド

TOEIC満点のKyokoです。20社以上のオンライン英会話を試し、カランメソッドのレッスンを何度も受講してきました。

通常の4倍のスピードで英語力がアップすると話題のカランメソッドですが、

  • 実際どんな感じでレッスンが進むの?
  • どんな効果があるの?
  • 自分には合ってるの?

と疑問に思っている方も多いと思います。

この記事では、カランメソッドの特徴、効果、メリットとデメリット、そしてカランが受けられるおすすめオンライン英会話を書いていきます。

記事の目次 [非表示]

    カランメソッドとは?

    1960年代にイギリスで生まれた教授法。元々ベルリッツの講師であったロビン・カラン氏により開発されました。

    カランメソッドとベルリッツメソッドの共通点は、両方とも「ダイレクトメソッド(直接教授法)」であること。生徒の母語を使わないことで「英語を英語のまま理解する力」を身につけます。

    カラン公式サイトにはカランのレッスン動画があります。これから紹介する特徴と照らし合わせながら、見てみてくださいね!

    カランメソッドの特徴

    オンライン英会話で導入されていることからも分かるように、カランメソッドではリスニングとスピーキングに力を入れています。レッスン中に読み書きをすることはありません。

    それではカランメソッドの特徴を、7つに分けて見ていきましょう。

    • 12のステージがある
    • 「聞く・話す」を通して文法習得
    • 質問と同じ構文を使って答える
    • 答えは95%決まっている
    • 必ず省略形を使う
    • 速いテンポが求められる
    • レッスン中は質問禁止

    カランメソッド

    12のステージがある

    1~12ステージまであり、ステージが上がるにつれて単語や文法の難易度も上がっていきます。例えば、ステージ1とステージ2の内容はこんな感じです。

    ステージ1

    文法 be動詞
    前置詞
    疑問文
    命令文
    例文 It's a pen. These are my books.
    The book is on/in/under the table.
    What's this? Who's that?
    Close the door, please.

    ステージ2

    文法 助動詞
    現在進行形
    複文
    比較級・最上級
    量を表す形容詞
    例文 Can you speak Chinese?
    I am closing the book.
    Do you think that's a good picture?
    I drink more milk than water
    There are only a few people.

    ステージ5~6になると未来完了や受動態など高校レベルの文法が、ステージ10以上では学校で習わないイディオムも出てきます。

    カランのテキストには、ケンブリッジ英検やCEFR(ヨーロッパで広く用いられる語学力基準)との比較が掲載されています。

    ただケンブリッジ英検やCEFRって、あまり馴染みがないですよね。

    文部科学省のデータを参考にすると、ステージ1~4は英検5級~準2級、ステージ5~9は英検2級~準1級、ステージ10~12は英検1級レベルとのこと。基本的な文法や単語は、ステージ1~4で一気にカバーされるということですね。

    ちなみに毎日25分レッスンx1回受ける場合、全ステージ終えるのに1年~1年半かかりますよ。

    「聞く・話す」を通して文法習得

    特定の文法を使って「講師が質問→生徒が答える」を繰り返すのがカランメソッド。

    「Heが主語で、Heだからplaysで...」などの文法説明はありません。ひたすら同じ文法が使われた文章をリスニング、スピーキングするなかで自然とルールを身につけます。

    例えば「現在進行形」のレッスンはこんな感じで進みます。

    1.単語や文章をリピート

    講師:Please repeat. Open.
    生徒:Open.
    講師:Close.
    生徒:Close.

    講師:(本を開きながら)I’m opening the book.
    生徒:I’m opening the book.
    講師:(本を閉じながら)I’m closing the book.
    生徒:I’m closing the book.

    2.講師が2回質問→生徒が解答

    講師:(本を開きながら)Am I opening the book? Am I opening the book?
    生徒:Yes, you’re opening the book.

    講師:(本を閉じながら)Am I opening the book? Am I opening the book?
    生徒:No, you’re not opening the book. You’re closing the book.

    これで「今起こっている動作について話すときは I am ~ing. というんだ…」と覚えるわけです。

    質問と同じ構文を使って答える

    上の会話からも分かるように、生徒は全質問に「完全な文章」で答えていますよね。「Yes.」や「No.」はもちろん「Yes, you are.」や「No, you aren't.」と解答することもできないんです。

    質問の構文とまったく同じ構文で答えるのがカランのルール。文法ミスだけでなく、このように「普段の会話ならむしろ自然な、簡略化した答え」もすべて訂正されます。

    答えは95%決まっている

    上の会話の答えはイエスかノーであり、講師が目の前で本を開く、閉じる動作を行っているので答えは1つしかないですよね。ただし疑問詞で始まる質問もあります。

    講師:Please repeat. Woman.
    生徒:Woman.

    講師:(女性のイラストを指しながら)What's this? What’s this?
    生徒:It’s a woman.

    この質問に関する答えも100%決まっていますよね。ただなかには身近な話題についての質問もあります。

    講師:Who’s the tallest in your family? Who’s the tallest in your family?
    生徒:My father’s the tallest in my family.

    ここでは自分の家族について聞かれているため、自分で答えを決められます。

    ほぼ95%答えが決められているというのはカランの大きな特徴です

    必ず省略形を使う

    省略形は英語で「contraction」といいます。

    • It is→It’s
    • You are→You’re
    • It is not→It isn’t
    • You are not→You aren’t

    ちなみに数人の講師によると、カランでは「It is not→It's not」「You are not→You're not」ではダメだそう。

    どちらかといえばネイティブは「Its' not」や「You're not」を多く使うイメージがあるので、このルールには少しモヤモヤします(笑)

    速いテンポが求められる

    カランメソッド

    通常ネイティブは1分間に150~180語話すそうですが、カランの講師は1分200語以上のペースで話します。

    さらに、生徒は質問に瞬時に答えなきゃいけません。講師は生徒を待たずに解答を言い始めてしまうためです。

    「4倍のスピードで英語を習得」といわれる背景には、カランで英語を学んだ人は通常の学習法で学んだ人に比べて4分の1の時間でケンブリッジ英検に合格したという統計があるようです。

    もちろん語学習得には個人差があるし、通常の学習法というのも定義が曖昧ですよね。ただテンポが速いレッスンので、通常に比べて4倍近く「聞く・話す」機会があるというのは本当だと思います!

    ちなみにレッスン中はテンポ重視のためテキストは使いませんが、復習タイムや自習には必要です。カランを続けて受講すると決めたら、購入しましょう。

    レッスン中は質問禁止

    25分レッスンの最初の2~3分は、希望があれば自己紹介や雑談ができます。ただカランレッスンが始まると、単語や文法について聞きたいことがあっても質問はできません。発話量にこだわるカランならではのルールですね。

    カランメソッドの効果

    • 考えなくても正しく話せるようになる
    • 速い英語に対して反応速度が上がる
    • 発音の矯正に(少しだけ)役立つ

    カランメソッドでは、特定のフレーズを使って繰り返し英語を口に出します。語順や文法を考えたり、頭で日本語から英語に訳したりするヒマはありません。

    なので頭で考えなくても正しい文法での英語が出てきやすくなるし、スピードにも慣れるので瞬発力も身に付きます。

    また明らかに発音が違う場合は、修正してもらえます。なので間違った発音で覚えていた単語については、正しい知識を得られると思います。

    カランメソッドの効果については、6ヶ月の受講後に書いたこちらの記事を参考にしてくださいね。

    カランメソッドのメリット・デメリット

    メリット

    • 発話量が多い
    • リスニング力が上がる
    • 文法が身につく

    デメリット

    • 不自然な表現もある
    • 意見を伝える力は身に付かない

    まずメリットについてですが、講師は話すスピードが速く、レッスン中は質問も禁止。そのおかげで、通常のレッスンより「聞く量・話す量」が格段に増えます。

    またカランメソッドは、重要単語やイディオムを押さえつつ、be動詞などの基礎文法に始まり少しずつ難しい文法を扱っています。そのため正しい文法の運用力も身に付くと思います。

    一方でデメリットもあります。シーンを設定しないまま発話を繰り返すので、文脈が無く、不自然な文章が多いです。

    講師:(自分の耳を指しながら)Are these ears yours? Are these ears yours?
    生徒:No, those ears aren’t mine. Those ears are yours.

    「いつそんなこと聞くの?」と突っ込みたくなるような質問です(笑)カランばかりやっていると、日常でも不自然なフレーズを使ってしまいかねません。

    また質問に対する答えはほぼ決まっているので、国際社会で大切な「意見を伝える力」はカランレッスンでは身につきません。

    どんな学習法と組み合わせれば良いの?

    どんな学習法も万能ではありません。カランメソッドの「デメリット」を補うには、目的によって他の学習法と組み合わせる必要があります。

    話す力を伸ばしたいなら

    ディスカッションのレッスンを並行して受けるのがオススメ。入会中のオンライン英会話はもちろん、英会話カフェなどを利用するのもいいですね。

    学んだ文法を使って会話することで「文脈が無い」というカランの弱点を補えます。

    TOEIC対策をしたいなら

    TOEIC公式問題集DUO英単語帳を取り入れましょう。

    カランメソッドはリスニング力アップや文法習得に繋がるので、TOEICにも役立ちます。ただTOEICには、リーディング力や語彙力、何より過去問への慣れも大切です。

    文法を復習したいなら

    日本語の説明が書かれた文法書を取り入れると良いと思います。

    カランメソッドは中学・高校文法をほぼカバーしていますが、ニュアンスは説明してもらえないし、質問にも答えてもらえないからです。

    カランメソッドはどんな人に向いている?

    • 正しい文法で英語を話したい方
    • 根気強く続ける気がある方
    • 文法知識はある程度あるが、英語がパッと出てこない方

    文法がメチャクチャでも、英会話の先生であれば意図を汲み取ってくれます。でもビジネスの場で取り合ってもらうには、正しい英語で話すことが大切。「きちんとした英語」を話したい人に、カランは向いています。

    またカランレッスンは「笑い声溢れる楽しいレッスン」ではありません。その点は覚悟しておきましょう。

    ちなみに英語超初心者は、まずは文法書などを使って知識を一通り入れておくとスムーズです。カランメソッドはどちらかと言えば、ある程度の文法知識はあるけど、それがスピーキングで使えていないという方におすすめです。

    カランメソッドが受けられるオンライン英会話5選

    すべて私が体験したので、講師の特徴、感想、レッスン単価などもお伝えします。

    ネイティブキャンプ

    月6,480円でレッスン受け放題という珍しいオンライン英会話。ただカランレッスンには別途1回200円ほど必要です。

    レッスンを受けてみると、どの講師もカランのルールに従いつつ穏やかな雰囲気で進めてくれました。トレーニングが行き届いていると感じましたよ。

    ネイティブキャンプの教材には、カランメソッドの他、カランキッズ、ビジネスカランがあります。ビジネスカランでも通常カランと同じように、単語を学んだ後で質問に答えました。

    講師:Please repeat. News letter.
    生徒:News Letter.
    講師:Attachment.
    生徒:Attachment.

    講師:If you’re sending a newsletter to your colleagues and if you’re expecting them to print it out, would you email it as an attachment or paste it in the body of an email?
    生徒:If I’m sending a newsletter to my colleagues and if I’m expecting them to print it out, I would email it as an attachment, because ...

    30語を超える長文をたった2回で理解して、まったく同じ構文を使って解答するのでかなり難しかったです。でも力は伸びると思いました。

    カランも受けつつ、空いた時間にたくさん英会話の練習がしたい方におすすめです。

    公式サイトを見る
    口コミ・評判を見る(163件)
    体験レポートを見る

    料金

    受け放題 月6,480円

    (カランは予約200円)

    カラン25分単価 410円
    テキスト代 1冊1,800円

    QQイングリッシュ

    QQイングリッシュは講師が全員TESOLを取得しており、レッスンクオリティに定評があります。

    講師はルールに忠実に従ってテンポよくレッスンを進めるため、少しスパルタ感がありました。それが正しいカランメソッドなのですが、始めは「頑張って付いていくぞ」という、強い気持ちが必要かもしれません。

    小さなミス(複数形の「s」が抜けていたり、He'sをHe isと言ったり)をきっちり聞き取って修正してくれたので、そのあたりはさすがだなと感じました!

    無駄が出にくいポイント制プランの中では、とても良心的な価格ですよ。

    公式サイトを見る
    口コミ・評判を見る(175件)
    体験レポートを見る

    料金

    30回分 月10,648円

    カラン25分単価 355円
    テキスト代 1冊1,800円

    イングリッシュベル

    5社のなかで唯一、カランメソッドの他、その進化版と言われる「DMEメソッド」も受けられるオンライン英会話です。

    進め方はカランとほぼ同じですが、大きな違いが2つあります。

    1つ目はカランだと「講師が質問→生徒が解答」という流れなのに対し、DMEでは「生徒も質問文を使う機会がある」こと。

    2つ目はカランの答えは95%決まっているのに対し、DMEでは現代のテーマに沿って自分の意見を伝える機会があることです。

    DMEメソッドのレッスンは、カランメソッドに足りない部分を補っている良いメソッドだと感じましたよ。

    講師はとても明るく、発音もキレイで、アドバイスも的確でした。1ヶ月分まとめて予約ができるので、お気に入りの講師を選びやすいですよ。

    公式サイトを見る
    口コミ・評判を見る(74件)
    体験レポートを見る

    料金

    20回分 月9,702円

    カラン25分単価 485円
    テキスト代 1冊3,240円

    新お茶の間留学

    新お茶の間留学 公式サイト

    NOVAグループが運営する新お茶の間留学。大手スクールのノウハウが生かされている安心感があります。

    講師はカランのルールを大切にしながらも、比較的長い間、私の答えを待ってくれました。テンポも重要なんですが、自分で考えることにも意味があると思うので、私にはこの講師は合っていました

    「He isn't」と言うべきところを「He's not」と答えても「本当はそれも正解だけどね!」と言ってくれるなど、臨機応変に対応してくれました。

    カラン以外には、日常英会話やネイティブ講師レッスンなどが選べますが、カランのプランを選ぶとカランメソッドしか受けられないので、カランに集中したい方におすすめです。

    公式サイトを見る
    口コミ・評判を見る(11件)
    体験レポートを見る

    料金

    月12回 11,550円

    カラン25分単価 1,336円
    テキスト代 1冊2,320円

     

    キーアイ

    講師やレッスン内容により、1レッスンあたり1~6ポイントを消化。通常レッスンだけだと安いのですが、カランメソッドは1回6ポイントと割高です。

    キーアイのカランレッスンは、進め方が他4社と少し違いました。まず講師が発する単語をリピートするのではなく、私がタイピングするスタイルでした。

    感じがよくて笑顔の素敵な講師でしたが、ミスはあまり訂正されませんでした。カランの特徴である「テンポの良さ」はなかったように感じます

    通常レッスンが格安なことには間違いないので、通常レッスンに加えて時々カランを受けたい方には良いかもしれません。テキストの購入も不要なので、ゆるく始めたい方は試してみると良いと思います。

    公式サイトを見る
    口コミ・評判を見る(80件)
    体験レポートを見る

    料金

    月10回 月12,980円

    カラン25分単価 1,298円
    テキスト代 不要

    無料体験レッスンを受けてみよう!

    25分で圧倒的な量の英語を聞いて話すカランメソッド。

    決まったフレーズを繰り返し口にするので、頭で考えずとも正しい文法で話す力や、瞬発力が身に付きます。

    ただ文脈が無いフレーズも多いため、入会したオンライン英会話でディスカッションレッスンを並行して受けるなどの工夫も必要です。

    上で紹介した全5社で無料体験レッスンを受けつけています。ぜひ試してみて、自分に合ったオンライン英会話を見つけてくださいね。

    スポンサーリンク

    Kyoko

    大学では英語音声学を勉強し、卒業後はシンガポールとカナダの語学学校で日本人スタッフとして3年間勤務していました。現在はカナダ東部のトロント在住。英検1級、TOEFLiBT113点取得。個人で英→日の添削サービスもしてます!
    他にもこんな記事を書いています
    comments powered by Disqus
    ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です