TOEIC満点のKyokoです。オンライン英会話業界で初めてカランメソッドやDMEメソッドを導入したことで有名な「イングリッシュベル」の無料体験レッスンを受けてみました。

オンライン英会話には、25分100円台という格安の会社も増えてきています。パッと見は魅力的ですが、重要なのは「本当に英語力が伸びるか」「レッスンを無駄にせず続けられるか」ですよね?

効果がなくては、いくら格安とはいえ、時間が無駄になってしまいます。

イングリッシュベルは、はっきり言って安い部類ではありません。でもオンライン英会話を10社以上試した私が、自信を持ってオススメできる会社です。その理由はなにか、詳しく解説していきますね。

記事の目次

イングリッシュベルとは?

2008年に設立されたイングリッシュベル。多くのオンライン英会話と同じように講師はフィリピン在住、レッスンはスカイプを使って1対1で行われます。

1回のレッスンは25分と平均的な長さですが、単価は423円~858円。あまり安くはない印象ですが、長い間支持されているオンライン英会話なんです。

その理由も紹介しつつ、イングリッシュベルにはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

料金プランと予約システム

イングリッシュベルには「その都度購入プラン」と「自動更新プラン」があります。

名前からも分かるとおり、前者は好きなときに買い足せるプラン、後者は自動的に翌月分が引き落とされるプラン。

前者のほうが少し割高ですが「来月はあまりレッスンを受けられないかも…」なんて人には、その都度購入プランは嬉しいですよね。

その都度購入プラン 料金 単価
月5回 4,290円 858円
月10回 7,040円 704円
月20回 10,780円 539円
デイタイム月40回
(8:00~18:00限定)
16,940円 423円
いつでも月40回
(時間帯に制限なし)
19,690円 491円
自動更新プラン 料金 単価
月5回 3,861円 772円
月10回 6,336円 633円
月20回 9,702円 485円
月40回 17,721円 442円

その都度購入プランのレッスン有効期限は、購入日から40日間。一方で自動更新プランの有効期限は30日間です。

1日最大20レッスン

多くのオンライン英会話にある「毎日プラン」は、1日1レッスンまでなどと上限が決まっています。最安単価は100円台のこともありますが、受講できる日が週2~3日になると、単価はすぐに3倍になります。

一方でイングリッシュベルでは、全プランで1日あたり最大20レッスンまで受けることができます。つまり毎日は受講できなくても、2レッスンx週2回など、自分のペースでレッスンを消化できるんです。

有効期間を延長できる

その都度購入プランについては「月〇回プラン」と言いつつ、実際の有効期間は購入日から40日間。

しかもその期間内に次のプランを買い足せば、余っていたレッスン分もその日からさらに40日間有効となるんです。期限を過ぎると無効になるケースが多いなかで、とても良心的なシステムですね。

7日先まで予約できる

多くのオンライン英会話は「予約は翌日分のみ可能」というシステムをとっています。ですがイングリッシュベルは違います。

7日先まで予約しておけるのです。これだと毎回お気に入りの講師に学びやすいですよね。

イングリッシュベルの料金プランには無駄がありません。どこまでも生徒に優しいシステムなのです。

講師は全員が指導経験あり

イングリッシュベルの講師はフィリピン人。全員が過去に英語を教えた経験がある講師たちです。さらに採用後も定期的なトレーニングを欠かしません。

さらに講師全員がインターネット回線が整ったオフィスから通話しています。自宅からレッスンを行う講師よりも、音質や画質が安定している傾向がありますよ。

どんな内容を学べるの?DMEメソッドって?

約20のコースから選択できる

イングリッシュベルには多くの教材が揃っています。カランやDME関連のコース及びその他一部を除き、無料で利用できます。ここではお勧めの無料教材を3つピックアップしてみました。

1.初めて英会話クラス

食べ物や数字などの名詞・気持ちを表す形容詞・簡単な動作を表す動詞など、基礎の基礎から始めることができます。

学校で習ったことは完全に忘れたという大人の方や初めて英語を学ぶお子さんにお勧めです。単語には必ず絵が付いているので安心です。

2.発音クラス

一つひとつの母音・子音の発音を丁寧に学べます。「man と men」や「sea と she」など日本人が混合しやすい音を正しく使い分けられるよう工夫されています。

綴りと発音の関係性を理解すると、初めて見る単語にも応用が利くのでお勧めです。

3.CNNクラス

テーマは動物愛護・離婚率・天然資源など様々です。分からない単語を確認し、話の内容を理解したかどうかの質問に答え、最後に自分の意見を述べるという構成です。

日常会話レベルからステップアップしたい方にはぜひ活用して頂きたい教材です。

カランメソッドとDMEメソッドの違いは?

まず最初に、ダイレクトメソッドとは「英語学習者の母国語に頼らず、Target Language(目標言語=ここでは英語)のみを使用する教授法」。

講師と生徒の母国語が異なる場合や、あらゆる国からの留学生が一緒に学ぶ語学学校などで広く取り入れられています。実際にダイレクトメソッドを有名にしたのは大手語学学校グループのベルリッツです。

カランメソッドも、その進化版とも呼ばれるDMEメソッドも、ダイレクトメソッドの1つです。違いを下にまとめてみましたが、学校や先生によっても異なると思うので参考程度に見て下さいね。

カランメソッド DMEメソッド
先生が同じ質問を2回繰り返し、それに対し即座に答える
単語のみで答えたり主語を省いたりせず、完全な文章で答える
スムーズに言えるまで繰り返し練習する
文法に絞った教材は無い 文法学習の要素が強い
言うべき答えはほぼ決まっている 自分の考えや意見を述べる場面がある
先生の質問に答えるのみ(疑問文が練習できない) 生徒が先生に質問をするという練習もある
話題に最新のもの(時事問題や最新技術)が少ない 常に新しい話題が追加されている

その他DMEメソッドの特徴として様々な年齢・レベル・目的に対応できる教材が揃っている点が挙げられます。下記はCEFR(ヨーロッパで広く用いられる語学レベルの基準)やその他資格試験との比較を示しています。

ちなみに無料体験レッスンでカランやDMEを試す場合、教材の購入は必要ありませんが、長期的にこれらのコースを受講する方にはテキストの購入(1冊3,000円前後)が推奨されています

無料体験レッスンを受けてみました

まずは申し込み→講師を選択

必要な情報は名前・メールアドレス・スカイプ名・生年月日・性別です。

体験レッスンは2回受けられますが、1回目はレベルテストと決まっています。マイページからはレッスン予約、履歴確認、プランの購入などができます。

先生検索の仕方はシンプルです。レッスン日時に加え、初心者対応かどうかや性別で絞り込むことができます。先生のプロフィールページには年齢・指導歴・対応クラス・専攻・趣味・メッセージ・音声が載っています。

先生を選んだら教材を選択します(1回目はレベルテストしか選べない仕様になっています)。任意で先生へメッセージを送ることができるので「ゆっくり話してほしい」「自己紹介を飛ばしてほしい」など要望を伝えることもできますね。

1レッスン目は、全員受ける25分間のレベルテスト

先生は女性の方、25分間ほぼ丸々レベルテストに時間を割きました。内容は以下の通りです。

質疑応答

好きな食べ物や行きたい国などシンプルな質問から、迷信は信じるか、願い事を3つ挙げるなら?など少し難しめの質問までありました。解答にはできれば理由を添えると良いと思います。

TOEICのリスニング問題

先生の発言に対する反応として適切な答えを3つの選択肢から選ぶ問題です。選択肢自体も聞き取る必要があります。答えはスカイプのチャット機能に書き込みます。TOEICのリスニングに出てくる問題と似ていると先生もおっしゃっていました。

絵の描写

写真を見て5つの文章で説明するというものです。これが一番簡単な気がしました。何でも良いので気づいたことをできるだけ詳細に話しましょう。

先生は適切な言い回しを教えて下さったり、私の解答に対してさらに質問やコメントを付け加えて下さいまいした。そのため、レベルチェックをしていることを感じさせない楽しいレッスンでした

何より常に笑顔で、話を引き出すのも上手、そしてほぼ100%アメリカ式の発音で正確な英語を話されていました。画質や音質の乱れもありませんでした。

レッスンが終わるとレッスンの評価を記入できます。自己メモ覧があったので、先生お勧めの言い回しをメモしておきました!

1時間程でテスト結果が送られてきました。語彙力・発音・語順など計10項目がそれぞれ評価されており、お勧めのクラスも記載されているのでぜひ参考にして下さいね。

2レッスン目は、ついにDMEメソッド(ビジネス)を体験!

今回も先生は女性の方、内容はDMEビジネスクラス、テーマは「What is successful business?」でした。

先生が話す内容を聞き取った後、内容に関する質問「利益優先のビジネスとは?」や、私自身の意見を求める質問「買い手と売り手の両方が満足できる取引とは?」に答えました。これらの質疑応答の中でDMEメソッドが使われます。

ゆっくりしか話せなかった場合や完全な文章で答えられなかった場合は、先生が私の解答を元にお手本を示します。

そして再度同じことを聞かれるので、今度はできるだけスムーズに答えるようにします。ある程度スムーズになるまで何回も繰り返します。

とにかく内容が難しくて頭をフル回転させなければなりませんでしたが、以前別のオンライン英会話でカランメソッドを受けた時に感じた「文章の不自然さ」や「決まった答えを言わされている感」がほぼありませんでした。

論理的に意見を述べる練習をしながら、より正確でスムーズな英語を目指している感じでした。継続して受講すればスピーキング力アップが期待できると思いました!

この先生もとても褒め上手、発音もかなりアメリカ式に近く、音質や画質も文句無しでした。

イングリッシュベルに対する口コミは?

24時間オープン。かなり先まで予約できる

「余裕を持って予約すれば、毎回お気に入りの先生が選べる」
「レッスンに無駄が出ないシステムだから嬉しい」

指導経験がある講師たち。トレーニングも実施

「優しくて教え方が丁寧。話を一生懸命聞いてくれる」
「レッスンの質には、やはりばらつきがあると感じる」

約18のコースから選択できる。無料教材も豊富

「教材の種類が多いから、色々なものを試している」
「初級から上級まで様々なレベルに対応している」

カランメソッドやDMEメソッドを初めて導入

「DMEは堅苦しくなく、文法も復習できたので満足」
「DMEメソッドを長く続けると、力がつくと感じた」

25分単価は442円~。自動引き落としなしのプランも

「他のオンライン英会話と比べると、料金は高め」
「サービス内容を考えると、料金には満足している」

他にも当サイトには口コミがたくさん投稿されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

体験レッスンを受けて感じたこと

良かった点

2人の先生の英語力や指導法にここまで満足できた体験レッスンは初めてです。レッスン単価は高めですが、無駄になることが少ないシステムだと思うのであまり気になりません。

1週間先まで予約できるのでお気に入りの先生も選択しやすいと思います。教材は様々なレベルや目的に沿って用意されており、また25分前後でカバーできるようにまとめてあったのも好印象でした。

気になった点

絶対に1ヶ月毎日受講できる自信のある方、教材を使わずフリートークを希望される方、毎回違う先生で良いという方には、もっと低価格なオンライン英会話が合っているかもしれません。

教材に関しては、絵や図から推測できない単語がいくつかあったので、もう少し分かりやすい例やイラストを使用したらもっと良いのになと思いました。

イングリッシュベルをオススメする理由

(1)初心者も上級者も楽しめる

教材に沿って受講している限り、次に何を学ぶのか分かるので初心者も安心だと思います。上級者用の教材と、それらの教材に対応できる高い英語力を持った先生が多いと思います。

(2)計画的に受講したい人にも 気ままに受講したい人にも対応

やはりレッスンの1週間前から5分前まで予約できるというのは強みです。1日に何レッスンも受けられるため、少しさぼってしまう時期があっても費用が無駄になりません。

(3)先生の指導力が高く音質や画質も良い

先生は正確な英語を話すだけでなく、生徒のやる気を引き出すコツを知っている気がします。また音質や画質の乱れが一切気にならなったのも、お勧めの理由です。

無料体験レッスンを受けてみよう

レッスンの最安単価は安くないですが、イングリッシュベルは「生徒さんに優しい、無駄が出ないシステム」のオンライン英会話です。

指導経験を持つフィリピン人講師に、豊富な教材を使って学ぶことができますよ。みなさんもぜひ、無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

無料体験レッスンを受ける