TOEIC満点のKyokoです。DMM英会話ネイティブキャンプを徹底的に比較してみました。

DMM英会話とネイティブキャンプは、何百とあるオンライン英会話のなかでも最大手の部類。フィリピン人講師のみのオンライン英会話が多いなか、世界中の講師を採用していることもあって比較されることも多いんです。

「世界中の講師と話してみたい」と考えている人だったら、この2社まで選択肢を絞ったのは正解です!

でも「料金はいくら?」「教材はどう?」など、気になるポイントは講師の国籍以外にもたくさんありますよね。

そこでDMM英会話とネイティブキャンプに実際に入会してレッスンを受けていた私が、この2社を徹底的に比較しました。「こういう人にはこっちがオススメ」とはっきり書いているので、ぜひ参考にしてください。

リアルな口コミも多数ありますよ。

目次 [非表示]

まずは基本情報

DMM英会話もネイティブキャンプも、1レッスンは基本的に25分、24時間いつでも受講ができます。

それでは簡単にそれぞれの特徴を見てみましょう。

DMM英会話

DMM英会話

2013年設立。動画配信など多数の事業を展開するDMMが運営。2019年現在は約120ヵ国の講師がいます。

プランは「毎日プラン(1日1~3レッスン)」のみ。ネイティブと日本人以外の講師に学べる「スタンダードプラン」と、全講師に学べる「プラスネイティブプラン」があります。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ

2015年設立。月6,480円でレッスンが完全に受け放題というユニークなシステム。2019年現在は約100ヵ国の講師がいます。

ただレッスン受け放題なのは、非ネイティブ講師のみ(日本人講師を除く)。つまりネイティブ講師のレッスンを受けるには別途料金がかかります。

DMM英会話とネイティブキャンプの違い

どちらのオンライン英会話を選ぶか決めるために重要となる、

  • 講師の多様性
  • 料金プラン
  • 予約システム
  • 教材の充実度

の4つのポイントから、2社を比較してみました。

ネイティブ講師数はDMM英会話がリード

まずは講師の国籍、一番多いフィリピン人講師の数、ネイティブ講師の数、初心者にオススメの日本人講師の数を比較しました。

講師 DMM英会話 ネイティブキャンプ
国籍

約120ヵ国

(計5,580人)

約100ヵ国

(計4,300人)

フィリピン人 2,800人 2,300人
ネイティブ

650人

(7ヵ国)

150人

(5ヵ国)

日本人 125人 160人

※数字は目安です。

2社とも世界100ヵ国以上の講師を揃えています。多様性という意味ではほぼ互角ですよね。ただ唯一、ネイティブ講師の数についてはDMM英会話がリードしています。

料金はネイティブキャンプの圧勝!?

次に気になる料金プランについて。DMM英会話とネイティブキャンプは、料金プランが根本的に異なります。

DMM英会話は毎日プラン

DMM英会話は「毎日プラン」のみ。1日1レッスン、2レッスン、3レッスンから選べます。

毎日受講すればレッスン単価は格安。ですが翌日への繰り越しはできないので、受講できない日が増えれば増えるほど、単価は高くなってしまいます。

ちなみにスタンダードプランではネイティブと日本人以外の講師に、プラスネイティブプランでは全講師に学べますよ。

 

スタンダード

(単価)

プラス
ネイティブ

(単価)

毎日1レッスン

月6,480円

(209円~)

月15,800円

(510円~)

毎日2レッスン

月10,780円

(174円~)

月31,200円

(503円~)

毎日3レッスン

月15,180円

(163円~)

月45,100円

(485円~)

ネイティブキャンプは受け放題+コイン

ネイティブキャンプは「受け放題プラン」のみ。

常に何十人もの講師が「今すぐレッスン」のために待機しています。そして基本料の月5,950円で、この「今すぐレッスン」が文字通り受け放題。1日10レッスン受けることだってできます。

ですが「〇日〇時に○○講師を予約しておきたい」なんてこともありますよね?レッスン予約には、基本料金にプラスでコインが必要になります。さらにネイティブ講師は「今すぐレッスン」にはいません。必ず予約が必要です。

今すぐレッスン

月6,480円で無制限

予約レッスン
(非ネイティブ)

25分200円~

予約レッスン

(ネイティブ)

25分1,000円~2,000円

つまり結論は...

ネイティブ講師のレッスンはDMM英会話のほうが安いですが、フィリピン人など非ネイティブ講師となるとネイティブキャンプのほうが圧倒的にお得ということですね。

予約はネイティブキャンプが柔軟

次にそれぞれの予約システムを比較してみましょう。

DMM英会話は基本的に翌日分のみ。つまり毎日レッスンを受ける場合は、今日のレッスンを終えてから初めて、明日のレッスンが予約できるということです。

ただし30日有効の「プラスレッスンチケット(25分約500円)」を買えば、プランの上限を超えてレッスンを予約しておけます。ただし、こちらは非ネイティブ講師限定。

一方でネイティブキャンプは1週間先まで、最大20レッスン分を予約しておけます(予約コインを十分に買っておけば)。これだとお気に入りの講師を確保しやすいですよね。

ちなみに予約とキャンセルは2社ともレッスン開始の直前まで受けつけていますよ。

  DMM英会話 ネイティブキャンプ
予約 15分前 10分前
キャンセル 30分前 1時間前

教材は2社とも充実。ただ違いもあり

最後は教材です。私もDMM英会話とネイティブキャンプの両方で色んな教材を使ってレッスンを受けましたが、かなりいい勝負でした。

これはさすが大手という感じ。日常会話、ビジネス英語、トラベル、語彙、発音、ディスカッション、TOEIC対策と、両社ともレベルに合わせて色んな教材を揃えています。

ただもちろん違いもあります。

まず通常のレッスンの4倍話せると話題の「カランメソッド」が受けられるのはネイティブキャンプのみ。またTOEIC教材は2社ともありますが、TOEFL、IELTS、英検などの教材が使えるのはDMM英会話のみです。

あと森沢洋介氏による大人気の本『瞬間英作文シリーズ』が、DMM英会話なら無料で使うことができます。

自分が力を入れたい内容に沿った教材があるか、事前に確認しましょうね!

その他のポイント

両社とも独自の通話システム

講師の声がクリアに聞こえるかというのも重要なポイントですよね?多くのオンライン英会話ではスカイプを使ってレッスンが行われます。

でもスカイプだと、スカイプのウィンドウと教材のウィンドウを同時に表示するため、画面がごちゃごちゃするんですよね。

DMM英会話とネイティブキャンプには、独自の通話システムがあります。ひとつの画面を開いておくだけで、教材から講師の顔まで見えちゃうんです!

DMM英会話

ずっとスカイプでのレッスンだったのですが、2019年の春に新しく独自の通話システムが導入されました。ひとつの画面に、ビデオ通話、チャット機能、教材などが表示されています。

特徴は画面上で教材にマーカーが引ける点。

しかも一方がマーカーを引くと相手側の画面にも色が付いたり、「Exercise」をクリックすると相手側の画面もスクロールされたりする機能も。「あれ、今どこやってる?」ということが起こりません。

ただこのシステム、まだ導入されたばかりなので「コネクションが良くなく、画面が止まることも」という声が今のところ多いようです。このあたりはどんどん改善されると思うので、期待しましょう!

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプはもっと前から独自の通話システムも使用。こちらもひとつの画面に、ビデオ通話、チャット機能、教材などが表示できます。


ネイティブキャンプ独自の通話システム

ネイティブキャンプ独自の通話システムは、とてもスッキリしていて、個人的にはかなり使いやすいと思いましたよ。スマホのアプリも使いやすさ抜群でした。下記でも詳しく書いています。

DMM英会話は英語学習アプリが無料

みなさんはiKnowという英語学習アプリを知っていますか?忘れそうなタイミングで同じ問題を繰り返してくれるなど、単語やフレーズを記憶に定着させるための人気アプリです。

iKnow

このアプリは通常なら月1,510円するんですが、DMM英会話に入会している人なら無料で利用できるんです!これはお得ですよね。

英語にはインプットとアウトプットの両方が大切です。オンライン英会話だけではインプットが欠けてしまうので、こうやってアプリで補うのはいいアイディアだと思いますよ。

当サイトの口コミを紹介

当サイトには、2社を利用した方から、たくさんの口コミが届いています。一部を紹介しますね。

DMM英会話

「色んな国の講師に出会えて楽しい」
「予約システムがかなり使いやすい」
「ネイティブ講師はかなり安い」
「音質はあまり安定していない」

ネイティブキャンプ

「コストパフォーマンス最高」
「教材は構成が良く、使いやすい」
「音質はかなり安定していると思う」
「20代前半など若い講師が多い」

また両社共通で「人気講師の予約が取れない」「講師の教え方にばらつきがある」との口コミはチラホラありました。

これについては、レッスン数をこなせば、相性の良い講師を見つけられると思いますよ。

私たち生徒も得意分野や苦手分野、レッスンの進め方に対する好みはそれぞれですよね?同じように講師にも「フリートークを盛り上げられる」「文法を分かりやすく説明できる」など、人それぞれ特徴があるからです。

他の生徒さんによる講師への評価も参考にできると思います。その他の口コミは以下のリンクを見てくださいね。

DMM英会話の口コミ
ネイティブキャンプの口コミ

無料体験レッスン

いくらオンライン英会話は安いといっても、入会前に一度はサービスを利用してみたいですよね?

DMM英会話は2レッスンまで

スタンダードプラン(ネイティブと日本人講師以外)なら、2回まで無料体験レッスンが受けられます。

一方でプラスネイティブプランの体験は有料。2,000円で25分レッスンが2回受けられます。ただし体験レッスン後30日以内に実際に入会すれば、2,000円がキャッシュバック。実質無料になりますよ!

ネイティブキャンプは7日間無制限

ネイティブキャンプは無料で7日間「今すぐレッスン」が受け放題。さらに1,000コインがプレゼントされるので、非ネイティブ講師なら5回分、ネイティブ講師でもキャンペーン中なら1回分の予約レッスンが受けられます。

ただし体験レッスン申し込み時にクレジットカード番号を入力する必要あり。7日以内に退会手続きをしないと、8日目に自動的に6,480円が引き落とされるので注意しましょう。

結論:どっちがオススメ?

色んな角度から2社を比較してきました。まずはそれぞれのメリットとデメリット、特徴を再度まとめておきます。

DMM英会話のメリットとデメリット

メリット ・ネイティブ講師の数が多い
・ネイティブのレッスンがお手頃
・資格対策の教材が多い
デメリット

・毎日受講できない人には割高

・予約は原則翌日分のみ

ネイティブキャンプのメリットとデメリット

メリット ・月6,480円でレッスンが受け放題
・独自の通話システムが使いやすい
・同じ講師を予約しておきやすい
デメリット ・ネイティブのレッスンは割高

2社の違いを表にまとめました

2社について比較した項目をいくつかピックアップし、表にまとめました。

  DMM英会話 ネイティブキャンプ
講師の国籍 約120ヵ国 約100ヵ国
ネイティブ講師 650人 150人
受け放題プラン
毎日プラン
(単価)

(150円~)

カランメソッド
TOEFL/IELTS

無料体験

25分x2回

7日間受け放題

目的や好みによって決めるべし

それぞれのメリットやデメリットを考慮すると、どちらか一方が絶対的にオススメというのは言い切れません。それぞれに良さがあるからです。

毎日ネイティブ講師に学びたいなら、DMM英会話

ネイティブ講師のレッスンは、DMM英会話なら最安500円ほど、一方でネイティブキャンプはキャンペーン中で1,000円、キャンペーン中でなければ2,000円ほどです。

ちなみにネイティブ講師のレッスンには「スピードに慣れることができる」「自然なフレーズや正確な発音を学べる」というメリットがあります。中~上級者にオススメですよ。

DMM英会話の体験レッスン

とにかくアウトプット量を重視するなら、ネイティブキャンプ

時間があるときにいくらでもレッスンが受けられるネイティブキャンプ。やる気があるなら、アウトプット量は圧倒的に多いです。

普段は非ネイティブ講師とたくさん会話して、たまにネイティブ講師にチャレンジしたい人にはぴったり。とくにフィリピン人はフレンドリーな国民性なので、初心者~初中級者に向いています。

ネイティブキャンプの体験レッスン

体験レッスンを受けてみよう!

世界100ヵ国以上の講師と話せるDMM英会話とネイティブキャンプ。毎日でも英語のレッスンが受けられて、しかもこんなに格安なんて、本当にすごい時代になりましたよね 笑。

DMM英会話とネイティブキャンプ、みなさんの目的やスケジュールに合うと感じたほうの無料体験レッスンを、ぜひ受けてみてください。もちろん両方を体験してから決めるのも、ありだと思いますよ!

スポンサーリンク

Kyoko

岡山県生まれ広島県育ち。大学では英語音声学を勉強し、卒業後はシンガポールとカナダの語学学校で日本人スタッフとして3年間勤務していました。現在はカナダ東部のトロント在住、好きなこと(もの)はダンスと柴犬。英検1級、TOEFLiBT113点取得。中国語も勉強中!
他にもこんな記事を書いています
comments powered by Disqus
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です