TOEIC満点のKyokoです。月6,480円でレッスン受け放題のネイティブキャンプ「正直、講師ってどんな感じなの?」ということで、実際に入会してみました!

ネイティブキャンプ

設立から約2年半はフィリピン人講師がほとんどだったネイティブキャンプ。でも2017年後半にフィリピン人以外の採用もスタートし、今では120ヵ国以上の講師がいるんです。

世界の公用語といわれる英語。仕事でもネイティブ非ネイティブ関係なく、色んな国の人と話す機会があるという方、多いのではないでしょうか?

国によって、同じ英語なのに発音とかスラングとかがまったく違ったりしますよね。でもこれからの時代はどんな英語にも対応できるリスニング力とコミュニケーション力が必要になってくると思います!

そこで今まで10社以上のオンライン英会話を試した私が、ネイティブキャンプに実際に入会して色んな国の講師のレッスンを受けてみました。

料金は?予約は?発音は聞き取れる?など、みなさんの疑問に答えられるよう詳しく書いていきます。

記事の目次

ネイティブキャンプの講師の国籍は?

2022年現在、講師の検索画面で「国籍」をクリックすると、120ヵ国以上の国名が表示されます。アフリカ・アジア・ヨーロッパ・中東、北米・南アメリカと地域も様々です。

ネイティブキャンプ 講師

地域名を選ぶとその下に書かれている国全てにチェックが入ります。もちろん1つの国のみ選択することや、複数選択することもできますよ。

フィリピン人が全体の半分以上

2022年現在、講師は計17,000人以上。その半分以上がフィリピン人講師で、人数としては9,000人以上です。

フィリピン人の次に多いのがセルビア人講師で、人数は約1,700人です。セルビアという国にあまり馴染みがないという方も多いと思います。セルビアはヨーロッパ南東部にある内陸国。

公用語として広く話されているセルビア語は、ロシア語に似たルーツを持っているそうです。

ちなみにセルビアは英語で /sə:rbiə/ と読みます。「ル」という音は無く、男性を呼ぶときに使う「sir /sə:r/」に「ビア」を軽く付け加える感じで発音しますよ。

ネイティブ講師は全体の17~18%

ネイティブスピーカーとして登録されているのは、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの講師。人数としては3,000人以上います。

講師検索の際には「国籍」のほか「特徴:ネイティブスピーカー」を選択することもできますよ。

日本人講師も全体の3~4%

ネイティブキャンプには日本人講師もたくさんいます。

オンライン英会話が初めてで不安という方、やっぱり日本語で質問できたほうが安心という方、どうやって英語力を伸ばしたか聞いてみたい方、日本人講師に学ぶメリットはたくさんありますよ!

DMM英会話と講師の国籍を比較

ネイティブキャンプのライバルともいえる「DMM英会話」。

DMM英会話にはネイティブキャンプのようなレッスン受け放題のサービスはありませんが、世界中の講師が登録されていることから比較されることが多いのです。

  ネイティブキャンプ DMM英会話
国籍

約120ヵ国

(計17,000人)

約120ヵ国

計7,300人)

フィリピン人講師 9,000人 3,400人
ネイティブ講師

2,000人

1,500人

日本人講師 700人 330人

※人数は10の位で四捨五入しています。

多少の差はありますが、ネイティブキャンプもDMM英会話も講師の多様性という意味ではいい勝負です。

ただネイティブ講師の人数についてはDMM英会話のほうが多いようですね。

ネイティブ講師は「受講無制限」対象外

ネイティブキャンプのレッスンの受け方には「今すぐレッスン」と「予約レッスン」の2通りがあります。

月6,480円で受講回数無制限の「今すぐレッスン」は、待機中の講師を選んで予約なしですぐに始められるレッスン。それに対して「予約レッスン」では事前に講師を予約します。

  非ネイティブ ネイティブ
日本人
今すぐレッスン
(基本料のみ)
×
予約レッスン
(基本料+コイン)

例えばフィリピン人講師やセルビア人講師は非ネイティブとして登録されているので「今すぐレッスン」の対象です。つまり6,480円の基本料金のみで受け放題ということ。

一方でネイティブ講師や日本人講師を「今すぐレッスン」で受けるためには月9,800円のオプションをつけなければなりません。もしくは1レッスンごとに追加コインを使ってレッスンを予約しておく必要があるのです。

コインの価格
500コイン 1,000円
1,600コイン 3,000円
2,700コイン 5,000円
5,500コイン 10,000円

非ネイティブ講師の予約には100コイン(200円相当)、ネイティブ講師の予約には1,000コイン(2,000円相当)というケースが多いようです。

ちなみにキャンペーン価格としてネイティブ講師の予約が500コイン(1,000円相当)になっていることも多いです。ネイティブキャンプはこのようにキャンペーンを頻繁に行っているため、定期的にチェックしましょうね!

DMM英会話の料金と比較

ネイティブ講師によるレッスン単価を、再度DMM英会話と比較してみます。

  支払い 25分単価
ネイティブキャンプ コイン購入制 2,000円~
DMM英会話 毎日プラン 510円~

ネイティブキャンプでは6ヶ月有効のコインを事前に購入して、レッスン予約時に消化するシステムなので無駄がありません。

それに対してDMM英会話では受講できない日があると単価がどんどん上がります。510円というのは毎日受講した場合の最安単価。例えば2日に1回なら、単価は1,000円を超えますよね。

毎日ネイティブ講師のレッスンを受けたいという方にとっては、DMM英会話が断然お得です。

ネイティブキャンプは「空いた時間に非ネイティブ講師にたくさんレッスンを受けたい、でもたまにネイティブ講師に挑戦したい」という方に向いていると思います。

どのくらい先まで予約しておけるの?

予約はレッスン開始の7日前から、レッスンが始まる10分前まで受け付けています。また十分にコインを購入しておけば、一度に20レッスンまで予約をしておくことができますよ。

2年ぐらい前まではネイティブ講師が30人弱しかいなかったので、前日になると講師が5~6人しか残っておらず、希望の時間帯で予約をとるのが難しかったようです。

ただ現在はネイティブ講師の数が350人以上。予約がとりにくいという心配はないと思います。

それでもフィリピン人講師などと比べると人数は限られているので「予約は1週間先まで/上限20レッスン」という柔軟なシステムを活用し、ネイティブ講師は余裕を持って予約しておきましょう!

講師がキャンセルするとコインが2倍

予約のキャンセルはレッスン開始1時間前まで。それが講師側の都合でも生徒側の都合でも、予約に使ったコインは全額返ってきます。

レッスン開始前1時間を切って生徒が予約をキャンセルしてもコインの返還はありません。逆に講師がレッスン開始まで1時間を切ってキャンセルした場合、お詫びとして予約コインx2倍が返ってきます

こちらは私のマイページにあるコイン使用履歴です。

100コインが200コインになって返ってきているのは講師が直前にキャンセルをしたからです。

コインが2倍になるというのは、ネイティブキャンプの誠意が感じられるので、評価したくなるシステムです。ただ予約に間に合うようスケジュールを調整し、いざパソコンを開くとキャンセルされているというのはいい気はしないですよね。

私が体験を受けた2017年はキャンセル率が高かったのですが、最近は減っているようです。

ただ 気になる方は、講師選びの際にプロフィールページにあるキャンセル率を参考にするといいと思います。

色んな国の講師を試してみました

色んな国の講師にレッスンを受けてみました。やっぱり異なる国の文化や言語について話を聞けるのは楽しかったです!

ここではフィリピン人講師に続いて人数の多いセルビア人、そしてネイティブスピーカーであるイギリス人、さらにアフリカ出身の講師にレッスンの様子を紹介します。

ちなみにフィリピン人講師のレッスンの様子は、こちらの記事を参考にしてくださいね!

セルビア人講師

私が受講したセルビア人講師たちはとても明るくフレンドリーで、冗談を交えながらの楽しいレッスンでした。教材から話を広げたり、私の発言機会を増やすためにたくさん質問をしてくれたりと充実したレッスンでしたよ。

ネイティブ講師のあとにレッスンを受けたためか、単語のストレスの位置が間違っていたり、私も知っている表現の説明が曖昧であったりと、英語力は少し気になりましたが...。

それでも詰まることなくスラスラと英語を話せる程度には流暢なので、会話の弾む楽しいレッスン希望の方にはオススメです。

イギリス人講師

イギリス人の女性講師2人にレッスンを受けました。1人目はクールながらも褒めて伸ばそうとしてくれるタイプの講師で、発音やフレーズも丁寧に教えてくれました。

一方でもう1人の講師はただ教材を読んで、私がリピートするだけのレッスンでした。

単語の意味をより詳しく知りたくて質問しても、上のような定義を繰り返し読むだけで、例文を挙げたり言い方を変えて説明したりということはなく、少しガッカリしました。

残り1分あったけどキリがいいからとレッスンは終了。もちろんネイティブならではのスピードなどがあるので勉強にはなりましたが、熱心さはあまり伝わってきませんでした。

アフリカ出身の講師

最後はアフリカ出身の男性講師のレッスンを受けたのですが、とても聞き上手でチャット機能にもたくさん例文を書き込んでくれました。話し方が穏やかで、発音もかなりクリアで正確だったように思います。

ちなみにこのレッスンはスマートフォンで受講してみました。レッスンが始まるとすぐに下のような画面が表示されます。教材内容や好みに合わせてレイアウトを変えられるようです

予約を取る段階からレッスンが終了するまで、アプリの使い勝手は抜群です

左画面のように教材を表示するとお互いの顔を見ながら話すことができます。私は教材の文章が長かったためスクロールが大変になり、途中で右画面に切り替えました。

それでもパソコンと比べると教材が見にくいため、特に文章が長い教材を使う場合はパソコンからの受講がオススメです。

良かった点、気になった点

ネイティブキャンプの講師についての特徴を、良かった点、気になった点に分けてまとめました。

良かった点

  • 世界約120ヵ国の講師と格安で話せる
  • アメリカやイギリスのネイティブ講師も
  • 予約は1週間先まで、20レッスン分可能

多くのオンライン英会話は講師がフィリピン人のみですが、それよりも安い価格帯で色んな国の非ネイティブ講師によるレッスンが受け放題です。

そしてネイティブ講師も200人以上います。25分2,000円(キャンペーン中は1,000円)と安くはないですが、それでも大手英会話スクールに通うことを考えたら半額以下です。

異なる国の文化や生活について話を聞けるのはとても楽しかったです。これからの時代は色んなタイプの英語に慣れる必要がありますね。ネイティブキャンプはそのようなニーズにも応えていると感じました。

気になった点

  • ネイティブ講師のレッスンは安くはない

やはりネイティブ講師のレッスンをどんどん取っていくと、追加料金がかかって高くなっていきます。

ネイティブ講師は発音や語彙を含めて全体的に英語力が高いので、上級者にとってはメリットが多いと思います。

ただネイティブ講師よりも非ネイティブ講師のほうが学習者の意図を汲んでくれやすい傾向があります。とくに英語初心者の方なら無理にネイティブに挑戦する必要はないかもしれません。

普段はいろんな国の講師にレッスンを受けつつ、たまに力試しにネイティブに挑戦する、という使い方が一番お得でオススメですよ。

ネイティブキャンプの無料トライアルを試そう!

ネイティブキャンプは講師の国籍を120ヵ国以上まで増やすなど、現在も成長を続けている会社です。月6,480円で、フィリピン人やセルビア人を中心とした90ヵ国以上の非ネイティブ講師のレッスンが受け放題です。

ネイティブ講師のレッスンは予約コインが必要なので、単価だけを見ると少し高め。ですがキャンペーンを狙えば25分1,000円なのでお得です。たまの力試しにはぴったりだと思いますよ。

無料トライアル期間(7日間)では「今すぐレッスン」が受け放題、コインも1,000コインもらえるためネイティブ講師のレッスンも1回受けることができます。ぜひお試しください!

ネイティブキャンプの無料トライアル