ベルリッツ(Berlitz)

40 3.83    講師について:4.09   教材:3.52   レッスン内容:4.09   設備・立地:4.19   スタッフ対応:4.03   料金:2.81  

約140年という長い歴史を誇り、世界的に知名度の高いベルリッツ。70ヵ国以上に550以上の拠点があるため、留学先の語学学校としてベルリッツを選ぶ日本人も多くいます。

日本にも2018年4月現在64の校舎(ランゲージセンター)があります。今回は私 Kyoko が大阪の梅田校にて体験レッスンを受けてきましたので、その様子や感想をお伝えします。

記事の目次 [非表示]

    ベルリッツってどんなスクール?

    仕事で英語が必要だという生徒さんが多く通うベルリッツ。大きな特徴としては以下が挙げられます。

    • マンツーマンレッスン or 2~3人での少人数レッスン
    • 実践練習を多く行い、単語でなく文章での発話を目指す
    • 世界各国からの教師が在籍。ビジネス経験を重視して採用

    当サイトのベルリッツまとめ記事では料金や教授法についても詳しく解説していますので、こちらもぜひご覧くださいね。

    公式サイトから体験レッスン予約

    ベルリッツでは通常と同じく40分間のマンツーマンレッスンを無料で体験できます。予約は公式サイトから行いますが、希望日時が迫っている場合は電話(0120‐5‐109‐23)でも予約ができます。

    公式サイトではまず希望の教室や日時を選択し、名前や連絡先を入力。そして学習目的や開始時期も選択した上で申し込みをします。

    申し込みが完了すると、私の場合30分程で電話がかかってきました。第一希望の日時で予約が確定し、さらにその直後に確認メールまで届きました。迅速かつ確実に予約ができるのは嬉しいですね。

    梅田校で体験レッスン受講

    体験レッスン当日は予約時間の10分程前に梅田校に到着しました。最寄り駅である阪急梅田駅からは電車を降りて徒歩5分という距離。JR大阪駅からも近くアクセスは抜群です。

    梅田校はOSビル(写真右)という三角の形をした建物の11階に入っています。この日は小雨が降っていて視界が悪かったのですが、写真左には阪急メンズ館やHEP FIVEの観覧車が写っています。

    エレベーターで11階に上がり、入口のドアを抜けるとすぐ右手に受付がありました。名前と体験レッスンに来た旨を伝えるとすぐに教室へと案内してもらえました。

    アンケート記入・カウンセリング

    校舎は全体的に清潔で広々としており、レッスン用の教室にも十分なスペースが確保されていました。窓が大きく開放感があるため、落ち着いてレッスンが受けられそうです

    教室にはカウンセリング用紙が置いてありました。そこには私の名前や連絡先が既に印刷されており、一人ひとりの生徒に真摯に対応している印象を受けました

    そしてすぐに担当カウンセラーのTさんが入室。挨拶を交わした後Tさんは一回席を外されましたが、私は案内された通りに自分の仕事内容や現在の英語レベルを記入していきました。

    記入が終わり、Tさんによるカウンセリングが始まりました。笑顔で感じが良く、堅苦し過ぎず、それでいてプロフェッショナルな対応です

    「仕事ではどのくらい英語を使いますか」「どの分野を伸ばしたいですか」「どのくらいの期間をお考えですか」とかなりの数の質問をされました。

    私は以前海外の語学学校でスタッフとして働いていたこと、今後は英語を教える立場になれるよう英語力を底上げしたいことを伝えました。

    40分の体験レッスン

    カウンセリングが終わって数分後に体験レッスンが始まりました。今回レッスンをしていただいたのはイギリス出身のC先生。物腰が柔らかいジェントルマンというイメージです

    最初の5分は自己紹介がてら「趣味は何ですか」「休日はどのように過ごしますか」「今まで訪れたことのある国について教えて下さい」などの質問に答えていきました。

    その後「これからいくつか質問をします。質問と同じ文法を使ってフルセンテンスで答えて下さい。」と言われました。こちらも5分程度だったと思います。

    文章で発話するというのはベルリッツメソッドの大きな特徴です。最初は簡単だったのでスラスラ答えられましたが、徐々に難しくなってきました。最後は、

    「What had you finished doing by the time you left home this morning?」

    と聞かれたので、

    「I had finished eating breakfast and brushing my teeth before I left home this morning.」

    と答えました。過去完了+動名詞が使われており語数も多かったため、ゆっくりとしか解答できませんでした。

    自己紹介と質疑応答が終わると30分程のデモレッスンです。事前にシンガポールでの勤務経験について話していたため、テーマは「シンガポールと日本のビジネスエチケットの違い」でした。

    残業に対する考え方の違いや服装の違いについて話すと「シンガポールで働いたことがない人にどうアドバイスする?」など、どんどん新しい質問をされました。

    C先生は文法ミスや改善できる言い回しをメモしていたようで、私が全て話し終わった後にホワイトボードを使って解説してくださいました。

    始めから答えを言うのでなく、私が自分でミスを修正できるように誘導する教え方でした

    ベルリッツの公式サイトにはレッスンの中で聞く時間と話す時間は1:1の割合になると書かれています。しかし、今回のレッスンでは「聞く:話す=1:9」だったのではないかと思うほど、発話機会が多くありました

    また私はアメリカ英語に比べてイギリス英語にあまり馴染みが無いのですが、C先生の英語は丁寧でクリアだったので聞き取りも問題ありませんでした。

    再度カウンセリング

    体験レッスンが終わると再度Tさんによるカウンセリングです。私のレベルは10段階中レベル7であり、同じレベルの生徒さん同士でおそらく少人数レッスンを開講できるとのこと

    得意分野や強化すべき分野についても教えていただき、テキストも見せてもらいました。

    その後はパンフレットを見ながら、レッスンの特徴や通学システムについての話を聞きました。レッスンの特徴については下記2点を強調されていました。

    • 毎レッスンに具体的なゴールが設定されている
    • 単語表現を学び、それらを使って実践練習を多く行う

    「通うとしたらどの時間帯希望ですか」「マンツーマンか少人数どちらをお考えですか」などとは聞かれましたが、勧誘らしい勧誘はほぼゼロでした。「また連絡お待ちしています」と言われ、校舎を後にしました。

    新しく得られた情報

    体験レッスンとカウンセリングを受けることで、公式サイトに載っていない情報も得ることができました。

    料金について

    公式サイトにはマンツーマンレッスンの40分単価が6,000円台~8,000円台という情報のみ掲載されています。

    今回料金表をもらったのですが、単価が6,000円台になるのは「昼間受講・100レッスン分一括購入・スピードコース」という条件が揃った場合だけのようです。

    マンツーマンレッスンの料金(税込)

      全時間帯受講可能 昼間受講
    (平日8:30~18:10)
    50レッスン 442,800円(単価8,856円) 421,200円(単価8,424円)
    100レッスン 799,200円(単価7,992円) 756,000円(単価7,560円)

    マンツーマンレッスンは自由予約制で、プランによって受講可能な時間帯と料金が変わります。基本的に昼間受講プランの方が料金が安めで、週3~4レッスン受けるスピードコースの場合、さらに約10%お得になります。(2018年当時)

    少人数レッスンの料金(税込)

    48レッスン 196,992円(単価4,104円)
    96レッスン 373,248円(単価3,888円)

    少人数レッスンは曜日固定制です。マンツーマンレッスンに比べて比較的安い料金になっています。

    その他初期費用として入会金が32,400円、教材費が20,000円前後かかります。また上記は一例であり、今後変更になる可能性もあると思います。(2018年当時)

    各種キャンペーンについて

    私が体験レッスンを受けた時期は春キャンペーン2018が行われており、入学金が0円でした。時期によってはレッスン追加プレゼントなどのキャンペーンもあるようです。

    またコースにより教育訓練給付金制度を利用でき、最大10万円が支給されます。キャンペーンや給付金制度を上手く活用することで費用が抑えられますね。

    担当教師について

    公式サイトにある通り、毎回異なる教師がレッスンを担当するそうです。様々な話し方に慣れてほしいとの思いからこのようなシステムを採っているため、原則教師に関する希望は出せないとのこと。

    しかしカウンセラーさんの口調から、マンツーマンの場合ある程度の要望は聞いてもらえるのではないかという印象を受けました。

    体験レッスンを終えて

    今回私が感じた、ベルリッツの良かった点と気になった点を紹介します。

    良かった点

    落ち着いて学べる環境が整っている

    カウンセラーさんと教師が生徒の情報をしっかり共有しているのが伝わってきました。

    また大手英会話教室の中にはレッスンブースが狭く簡素な仕切りのみというケースもありますが、ベルリッツは各教室が1つの部屋になっていたため集中して学習できると感じました。

    話す機会が多く、指摘も的確だった

    40分で20以上の質問があり発話機会が大変多かったです。文法間違い(✖ I suggest you to ~、〇 I suggest that you ~)も指摘してもらい、曖昧だった文法を再確認できました。

    個人的には教師の話や意見をもう少し聞けると、更に面白いレッスンになると感じました。

    勧誘がほぼ無かった

    同時期に体験に行ったGABAからは、その後も電話がかかってきたりメールが届いたりとかなりの勧誘がありました。

    しかしベルリッツからは当日も後日も勧誘がありませんでした。あくまで生徒さんの判断に任せるという姿勢だったため体験には行きやすいかと思います。

    気になった点

    具体的な通学プランが描けなかった

    他のスクールでは見積書がもらえたのに対し、ベルリッツでは料金表がもらえただけで、私から聞かない限り料金に関する説明がほぼありませんでした。

    勧誘が無いのは良い点なのですが、具体的な費用や通学期間がイメージしにくかったのが気になりました。

    マンツーマンレッスンは料金が高め

    マンツーマンの料金は他の大手英会話教室と比較してもやはり高めです。しかし少人数レッスンとなると生徒が2~3人なのにも関わらずマンツーマンに比べてかなりお得です。

    発話機会も十分にあると思うので、費用を抑えたい方には少人数レッスンがお勧めです。

    まとめ

    スローガンとして「Speak with Confidence(自信を持って話そう)」を掲げるベルリッツ。単語を並べるだけの英語でなく場に相応しい正確な英語を話せるようになることで、自信を付けたい方に向いているスクールだと思います

    カリキュラムが確立されているため、計画的に学びたいという方にもお勧めです。

    逆に様々な国から来た教師の意見や考え方に興味がある方、気軽に会話が楽しみたい方にはもう少しカジュアルなスクールのほうが向いているかもしれません。

    ぜひ皆さんも体験レッスンに申し込んでみてはいかがですか。勧誘の心配が無いため、足を運びやすいと思います

    スポンサーリンク

    Kyoko

    大学では英語音声学を勉強し、卒業後はシンガポールとカナダの語学学校で日本人スタッフとして3年間勤務していました。現在はカナダ東部のトロント在住。英検1級、TOEFLiBT113点取得。個人で英→日の添削サービスもしてます!
    他にもこんな記事を書いています

    基本情報 ベルリッツ(Berlitz)の基本情報

    支店数 60
    初期費用 入学金30,000円(税別)
    体験レッスン あり(無料)
    その他の特徴 教育給付金制度有
    カテゴリ
    レッスン形式
    • マンツーマンコース有
    • 少人数(2〜4人)コース有
    • ビジネスコース有
    • 資格試験対策コース有
    講師の特徴
    • ネイティブ講師が在籍
    その他の特徴
    • 料金がポイントまたはチケット制
    • 体験レッスン有
    • 給付金制度有
    • 他言語コース有
    • 留学制度有
    ベルリッツ
    ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です