QQEnglish(QQイングリッシュ)

40 3.87    講師について:4.10   レッスン内容:3.93   教材:4.04   料金:3.84   受講システム:3.44   通話品質:4.05  

QQ English 

他の英語学習法と比べて「4倍速で英語脳になる」といわれているカランメソッド。

一文ずつ徹底的に反復するためスピーキング力が格段に上がる特訓法ですが、私はQQEnglish(QQイングリッシュ)というオンライン英会話にて受けています。

今回は、効果的なレッスンや先生の選び方、他のコースとの組み合わせについて、また実際習ってみてどんな場面で役立ったのかなどについてお伝えします。

「オンライン英会話に興味があるけど、まだやっていない人」「英語はできるけど、スピーキングに自信がない人にこそおすすめのメソッド。

ステージ3まで進んだ私の体験談をお伝えします。

目次 [非表示]

受講前は正しい文法で話せなかった

QQ English セブ島本校

オンライン英会話で学んで1年9カ月ほど経ちます。私が受講しているのは、セブ島に本校を持つQQEnglishのオンライン英会話です。

英語を学んだのは、中高生時代のみで、その後英語から離れて早20年近くがたちます。そのため、オンライン英会話を始めた時は、先生の質問すらまともに聞き取れないことも。

そんな私でも1年以上続けたら、先生との会話もスムーズになり、自分の意見も言えるようになってきました。

と同時に「言いたいことがあっても思うように言えない」「いつも日本語で文章を考えて、英語に変換してしまう」という問題。

この問題を解決するために始めたのが、QQEnglishで多くの人が受講している「カランメソッド」です。

カランメソッドで身に付くスキル

カランメソッドは、イギリス・ロンドンで誕生し50年以上も前から受け継がれている英語練習法です。

会話文をもとに、徹底的に反復練習をすることで、他の学習方法と比べて1/4の学習時間でケンブリッジ試験に合格できることが実証されています。

QQ English カランメソッド

日本でも明治大学「文明とマネジメント研究所」と提携して大学生に実証実験を行ったところ、TOEIC®L&Rのスコアが平均110点アップ、最高250点アップした学生もいました。

学生以外に社会人でも「カランメソッドを受講してTOEIC®L&Rのスコアが伸びた」という話をよく聞くので、効果は期待できそうです!

QQ English 

ところで「カランメソッド」のコースを受講すると、どんなスキルが身に付くのでしょうか。主なものは次の5つです。実感としては、どれも改善してきていると感じます。

  • 正確な表現が身に付く
  • 冠詞の使い方をマスターできる
  • 英語特有の時制をマスターできる
  • 発音を矯正できる
  • ネイティブの会話が聞き取れるようになる

正確な表現が身に付く

カランメソッドでは、先生からの質問に対してイエス・ノーだけではなく、必ずフルセンテンスで話すことが求められます。それによって正確な文法が自然に身に付きます。

冠詞の使い方をマスターできる

次に「冠詞の正しい使い方」について。

実は、この冠詞というのは私たち日本人にとっては馴染みが薄いこともあり、冠詞自体を入れ忘れたり、“a”と“the”を間違えたりといったことが本当によく起こります。

私もレッスンの途中で何回も指摘され、そのたびに言い直しています。正しい文章を言うことで精いっぱいになり、冠詞まで気が回らないという感じです。

逆にいえば、カランを受講しなかったら冠詞の間違いに気づくことなく、間違った文章を覚えていたかもしれません。

英語特有の時制をマスターできる

次に、時制表現について。現在完了、過去完了、未来完了など、時制表現は本当に曲者です。

つい話すときも聞くときも、この点がおろそかになりがちです。しかも、この時制表現は会話の中にいつも出てきます。

会話の中で間違えると、話が間違って伝わったり、誤解からトラブルに発展したりすることもあるのでしっかりと身につけておきたいところです。

発音を矯正できる

発音についても、先生のチェックは厳しいです。私たち日本人が苦手な発音といえば、LとR、SとTH、BとVなどがあります。

「発音なんてそんなに気にしなくてもいいんじゃない?単語の意味さえ分かればなんとかなる」と思っている人は多いかもしれません。

しかし、この単語の発音自体がうまくできなかったら、意図が全く伝わらないので、やはり矯正することが大切です。

ネイティブの会話が聞き取れるようになる

ネイティブの会話では、I’m、You’reなどの短縮形を使います。この短縮形に慣れていないと、せっかく英語が話せても聞き取る力が足りず、会話も成り立ちません。

カランメソッドでは、レッスンを通して何度もこの短縮表現がでてくるため、意識的に用いてリスニング力が鍛えられます。

QQEnglishでは月3,685円でカランメソッドが受講可

QQ English 

カランレッスンを受けようと思った時に気になるのが料金について。

QQEnglishの場合は、月8回受けて月額3685円からのコースがあります。まずはムリのないように週2回、月8回コースを始めて、慣れてきたら月30回プランを選択するといいでしょう。

というのも、カランレッスンの効果を実感するためには、毎日受講したほうがいいからです。

  • 月8回 月額3685円(400ポイント)
  • 月16回 月額6680円(800ポイント)
  • 月30回 月額9680円(1500ポイント)

カランメソッドのレッスンの特徴

QQEnglishでカランメソッドを続けている私が、体験談も含めながらレッスンの特徴や流れを紹介します。

超高速のレッスン

カランメソッドのレッスンは、とにかく速い!なぜこんなに速く話すかといえば、「考えなくても自然と流れるように英語が出てくるようにするため」です。

ついつい英語で伝えようと思ったら、日本語で考えてそれを英語で言おうとしてしまいます。しかし、それだと時間がかかり、会話が途切れてしまいます。

しかしカランメソッドを受講し、ある程度文章が言えるようになってくると、「あなたの国のおすすめの場所は?」と聞かれたら、考えるよりも先に「私の国のおすすめの場所は~」と言えるようになります。

文法も冠詞も考えなくて、すぐに定型文で答えられるから、英語を話すときに格段に言いやすくなってきました。

イギリス式英語を学べる

QQEnglishは、基本的にはアメリカ英語を中心に教えていますが、カランメソッドについてはイギリス式英語です。

そのため、「pants」(パンツ)ではなく「trousers」(トラウザー)、トマトは、アメリカが「トメェト」と発音するのに対して、イギリスは「トマト」と発音します。

決まった回答を丸暗記して発話

レッスンの流れとしては、まずは先生が2回、質問文を読みます。それに対して生徒は1回だけ回答します。

「書いてあることを読めばいいなら簡単」と思うかもしれませんが、カランメソッドを行う場合はテキストを閉じます。

つまり、先生の質問と自分の回答をフル暗記して臨まなければいけないのです。

これはなかなか大変です。簡単な文章なら回答できるものの、レッスンが進むにつれて文章は長くなっていき、しかもテキストの回答例そのままを言う必要があるからです。

実際の例文の一部を紹介

カランメソッドのテキストは「BOOK12」までありますが、初級である「BOOK1」ではこんな感じでした。

先生:Is this a pen? Is this a pen?

生徒:Yes, this is a pen.

「これはペンですか」と先生に聞かれたら「はい。これはペンです」と答えればいいので、カランメソッド初心者の私でも簡単に答えられました。

ところが、レベルが上がるにつれて、だんだんと例文が長くなっていきます。

先生:What is the difference between “as many as” and “as much as”? (質問2回)

生徒:The difference between “as many as” and “as much as” is we use “as many as” for things we can count, and “as much as” for things we can’t count.

この「What is the difference between…?」は、私の苦手な文型の1つです。しかし、覚えておくと非常に役立ちます!

とくに「AとB、似たような単語の意味がわからない!」といった時は、この定型文を使って質問できます。文法の授業を受講する際にも役立っています。

カランメソッドの疑問に回答

ここからは、カランメソッドを長期間受講した私が、よくある疑問に回答していきます。

学習者の英語レベルは?

カランは、英語初心者でも中級者でもだれでも受けられますが、私が受講しているQQEnglishでは、レベル3(海外旅行に行って困らない程度の英語力)があることを推奨しています。

カランレッスンでは文法の説明がないため、文法の基礎知識はつけておいた方がいいと思います。

というのも、レッスン中は先生への質問は禁止。

基礎的な文法が理解できていないと、例文が長くなるにつれて暗記だけでは対応できなくなってくるからです。

そのため英語の基礎に自信がない場合は、文法のレッスンを先に受講しましょう。または、文法とカランメソッドを同時に受講するのもいいでしょう。ただし、無理は禁物。

製本版と電子版。買うならどっち?

QQ English テキスト

カランを受講するのにはテキストが必要になります。

最初のレッスン1、2回はなくても大丈夫ですが、復習などで必要になるため買っておくことをお勧めします。

カランには、電子書籍と製本版がありますが、どちらを買おうか迷う人もいるはず。

私は、電子書籍で買っています。というのも、電子書籍の場合、スマホに入れて持ち歩けるため、電車の中で見たり、音声を聞いたりしています(音声データ別途150円)

スキマ時間を使ってサクッと練習できるのが電子書籍の良いところ。

逆に、製本版テキストの場合は先生から指摘された点について、直接書き込めるので復習の際に気を付けることができます。

ちなみに製本版テキストは1冊1,636円、電子書籍は1冊1,600円なので、値段的にはほぼ変わりません。使いやすい方を選びましょう。

優しい? スパルタ? 自分に合った先生の選び方

カランメソッドの授業を受ける際には、先生選びが重要。

一般的には、カランは高速でレッスンするため、速く話す先生のほうが好まれる傾向にあります。

ただ速ければいいというものではなく、自分とリズムが合わないと、自分が回答する前に先生が答えを全部言ってしまいます。

または、先生から回答を促されるのがプレッシャーになり、心拍数があがって「カラン無理!」となってしまうことがあります。

そのため「速ければいい」いうわけではありません。自分に合ったスピードでやってくれる先生を見つけて、先生と一緒に二人三脚で進めていくことが大切です。

初めてのレッスン。先生の選び方は?

QQ English レッスン予約画面

まったく知っている先生がいない場合は、「カランメソッドが得意」というところにチェックを入れて全体の中から探してください。

その中から生徒のレビューを見て「高速」「テンポよく進めてくれた」「こちらのペースに合わせてくれた」などと書かれている先生を選ぶといいでしょう。

大事なことは、自分が何を重視するかです。テンポなのか、速度なのか、厳しめなのか、ミスの指摘が多いほうがいいかどうか。

もちろん授業前のリクエストで細かく指定できるのでしておくことも大切です。

効果を実感しづらくなったら?

これまでカランメソッドの良さについてお伝えしてきました。

ですがレベルの高いステージに行くと、だんだんと飽きてくる、または「カランメソッドを受けて英語が上達しているんだろうか」と思うことが出てきます。

ただ、そこを抜けるとまたカランの楽しさにハマっていくようです。

もし飽きてしまった場合は、QQEnglishのオリジナルコース「R.E.M.S. 」に替えるのもいいでしょう。

カランメソッドが徹底反復していたのに対し、「R.E.M.S. 」では徹底反復をしながらも応用力が試されるので、とても頭を使います。

どちらも、徹底反復によって英語の基礎能力はもちろんのこと、瞬発力が高まります。

カランメソッドを続けて感じた効果

正確に話せるようになり自信がついた

私がカランメソッドのレッスンを受けておいてよかったと思うのは、フリートークや語彙の意味について質問をするとき。

例えば、「あなたの国で気に入っている場所はどこ?」「この言葉は、あなたの国ではなんていうの?」「AとBの言葉はどう違うの?」など、自分から積極的に質問ができるようになりました。

それに伴い、フリートークでカランメソッドの例文を使って会話できることが増えてきました。大変だけど、続けていれば必ず前進できるし、正しい文章を話すことができれば自信もつきます。

これまではアイデアや意見があっても、つい「文法に自信がないから」と言い出せなかったことも、カランメソッドのおかげで、堂々と自信をもって自分の考えを伝えられるようになりました。

効率よく英語を身に付けたい人、伸び悩んでいる人におすすめ

カランメソッドは、通常の4倍速で英語を覚えられるといわれているメソッドです。

「英語を話せるようになりたい」人や、「TOEIC®のテストでハイスコアを出したい」という人はもちろんのこと、「すでにオンライン英会話をやっているけど、伸び悩んでいる」という人にもおすすめです。

カランメソッドのレッスンを受けるなら、イギリスの学校から正式な認定校として認められているQQEnglishがおすすめ。

先生は全員外国人に英語を教える資格「TESOL」を取得しているベテランばかり。

実は、このカランメソッドを習得するためには、教える側の先生も重要な存在。

生徒をリードするスピード、ミスの指摘、発音指導など、より高いレベルで生徒に教えることが求められます。QQEnglishは、以前より先生の質が高いことで有名です。

先生全員がセブ島にあるオフィスからインターネットに接続しているため、回線も安定しています。

レッスンも2週間先まで予約できるので、お気に入りの先生を見つけて同じ先生に継続してみてもらうことも可能です。

料金も月々3,685円から受けられるので、1カ月間試してみるのもよさそうです。

現在2回無料のお試しができるので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

QQEnglishの公式サイト

スポンサーリンク

基本情報 QQEnglish(QQイングリッシュ)の基本情報

設立年月 2009年8月
初期費用 0円
教材費用 不要 (市販テキスト利用時は実費)
授業プラン・コース料金 コースによる
その他費用 不要
支払方法 Paypal、クレジット
使用教材 スクール独自教材又は市販テキスト
講師の出身国 フィリピン
講師数 約1,300人
レッスン形式 マンツーマン
予約方法 レッスン開始の15分前まで予約可
キャンセルポリシー レッスン開始の12時間前までは無料
他言語レッスン なし
体験レッスン制度 あり(2回)
カテゴリ
レッスン形式
  • 試験対策コース有
講師の特徴
  • フィリピン人が主に担当
その他の特徴
  • 入会金無料
  • 料金が月謝制
  • 料金がポイントまたはチケット制
  • お試しレッスン有
  • 早朝レッスン可能
  • DME/カランメソッド
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です