laptop

オンライン英会話とは、インターネット上で先生と生徒がリアルタイムに英会話を行うレッスン形式のことをいいます。主にSkypeなどのオンライン通話ソフトを使用し、テレビ電話のような感覚でレッスンを受けることができます。(ただし回線品質の都合から、テレビ電話機能をOFFにしてレッスンを行う教室もあります)

オンライン英会話の特徴としてまず挙げられるのが料金の安さです。詳しくは後述しますが、ほとんどの場合において通学型英会話に比べて1/3以下の料金で受講できます。また、フィリピン人など英語が公用語の国(母国語ではない)の講師ならば1/10以下の料金で受講することが可能です。

そして、インターネットさえ使えればどこでもレッスンを受けられるため、場所の制約がありません。レッスン受講可能時間帯についても、通常の英会話教室よりも柔軟なことがほとんどで、24時間提供している教室もあります。そのため、忙しくてなかなか学校に通う時間が取れない人や、近くに通える英会話教室がない方などに最適です。

オンライン英会話の種類

オンライン英会話を検討するにあたって、ポイントはいくつかあります。

ネイティブ講師か、フィリピン人講師か

通常、ネイティブ講師の方が料金は高く、フィリピン人講師の方が安く設定されています。どちらを選択するかはご自身の予算や英語レベル、そしてレッスンに何を求めるかによると思います。

フィリピンは英語が公用語ではありますが、母国語ではありません。フィリピンでは、フィリピン人同士は現地語であるタガログ語で会話をすることがほとんどです。そのため、平均的に見れば発音の良さ、英語表現の自然さにおいてはアメリカ人など英語ネイティブには到底かないません(もちろん、かなり自然な英語を話すフィリピン人講師もいます)。

しかしその分、毎日レッスンを受講出来て月5,000円など、フィリピン人講師のオンライン英会話はかなり格安の教室がありますので、限られた予算の中でたくさんレッスンを受けたい、という方にはとても良いサービスと言えます。

マンツーマンか、グループか

マンツーマンかグループかにおいては、当然ながら話す量が全然違いますから、マンツーマンの方が間違いなく学習効果は高くなります。そもそもオンライン英会話では通話ソフトを使用する都合上、ほとんどの教室がマンツーマンで、グループレッスンを提供しているところはほとんどありません。イングリッシュタウンなど、一部のオンライン英会話ではグループレッスンに対応しています。

ただ、やはりグループレッスンの方がマンツーマンレッスンよりも料金は格安です。フィリピン系英会話は元々安いのでグループレッスンを提供しているところはありませんが、ネイティブによるグループレッスンはマンツーマンよりもかなり格安の料金設定になっています。また、イングリッシュタウンにおいては世界中の生徒と一緒にレッスンを受講できるなど、オンライン英会話ならではのメリットもあります。

大人向けか、子供向けか

通学型の英会話教室と同様に、オンライン英会話にも大人向け・子供向けの教室はありますが、ほとんどの教室は大人向けで、子供向けのレッスンも対応していますよ、というところが多いです。しかし子供向け専門の教室も、リップルキッズパークなど少ないながらいくつかあります。教え方や教材充実度の観点から、子供が小さい頃は専門の教室を選ぶのが良いと思います。

オンライン英会話と通学型英会話の料金比較

それでは、実際にオンライン英会話はどのくらい料金が安いのか、具体的に通学型の英会話と料金を比較してみましょう。条件を揃えるため、レッスン形式はマンツーマン、そして1時間当たりのレッスン単価を計算して入れています。

オンライン英会話

教室名 料金 1時間当たりの
料金
備考
レアジョブ 毎日25分プラン
月額6,260円(税込)
約484円(税込) 講師はフィリピン人
DMM英会話 毎日25分プラン
月額5,500円(税込)
約426円(税込) 講師は主にフィリピン人、その他の国の講師も在籍
ワンズワードオンライン 月4回コース+ボーナス
月額6,800円(税込)
約1,632円(税込) 講師はフィリピン人、ネイティブなど。英語教授法の有資格者多数。

通学型英会話

教室名 料金 1時間当たりの
料金
備考
ECC外語学院 1レッスン80分
16,739円〜(税込)
約12,554円(税込) 講師はネイティブまたはバイリンガル
シェーン英会話 月4回コース(1回40分)
月額28,350円(税込)
約10,631円(税込) 講師はネイティブまたはバイリンガル
イングリッシュビレッジ 1レッスン40分
2,000円(税別)
約3,000円(税別) 講師はネイティブ

上にも書いた通り、全てマンツーマンの料金比較です。オンライン英会話ではほぼ最安価格のDMM英会話は1時間当たり426円となっています。通学型英会話の場合、ほぼ業界最安価格のイングリッシュビレッジが1時間当たり3,000円以上ですから、単純に料金だけを比較すると、オンライン英会話のレッスン単価は1/8程度ということになります。

もちろんオンライン英会話は毎日25分受講した場合の料金ですし、講師はネイティブでないことが多いですから単純に比較はできません。しかし、レッスンの質に定評のあるワンズワードオンラインでも1時間当たりの料金はイングリッシュビレッジの半額程度ですから、やはりオンライン英会話の料金はかなり格安だというのは間違いありません。

ただし、料金面ではとても優れているオンライン英会話ですが、全ての面で良いというわけではありません。以下にオンライン英会話のメリット、デメリットについてまとめておきます。

オンライン英会話のメリット・デメリット

オンライン英会話のメリット

・料金が安い
・自宅でレッスンを受講出来る
・画像やテキストなどをレッスン中に表示出来る

オンライン英会話のデメリット

・強制力がないので継続には意思の力が必要
・通学型とは違い、友人を作りにくい
・音声品質が悪いとレッスンに支障が出る
・相手の表情を直接見れないのでリアルのマンツーマンに比べるとややハードルが高い
・始まったばかりのサービスが多く、カリキュラム面が充実していないことが多い

上にも書いた通り、オンライン英会話の特徴は効率が良いことです。自宅からパソコンとインターネットがあれば受講出来ますし、運営側は教室を持たずに済み、講師を世界中から集めることが出来るので料金も格安です。しかし通学型に比べて参加への強制力が弱いので継続性が悪くなったり、友人が出来ないなどのデメリットはあります。また、音声ソフトを使用しての会話のため相手の表情がよく分からないこともあり、まったくの英語初心者にはややハードルが高く感じるかもしれません。

まずはオンライン英会話と通学型、どちらも一度試してみて、どちらが自分に合うのかを確かめてみるのが良いと思います。英語学習は長い道のりです。出来るだけ自分に合った、継続しやすい方法を探して行きましょう。

いわきんぐ(iwaking)

当サイト管理人。フィリピン、オーストラリア留学を経て、TOEICスコア880。現在はTOEIC900over&英検1級目指して学習中。 twitter: @iwaking  Google+
他にもこんな記事を書いています
comments powered by Disqus
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です