アウトサイダー

0    講師について:   教材:   レッスン内容:   設備・立地:   スタッフ対応:   料金:  

英語を使う機会が多い!広島のアウトサイダーで体験レッスンを受けました

英語ペラペラのエンジニアを目指している、TOEIC920点の岩田(@iwaking)です。全国50以上の英会話スクールに足を運んできた私が、広島にあるアウトサイダーで体験レッスンを受けてきました。

アウトサイダー  教室内の様子

全国の英会話スクールをまわってきた私の経験上、スピーキングを重視しているレッスンには2タイプあるんですよね。

  • 生徒のミスを見逃す(話す量を重視)
  • 生徒のミスを修正する(正確さや自然さを重視)

もちろん他にも色んな分け方ができるんですが、ミスを直されるかどうかって、重要だと思うんです。

前者では、ミスをスルーする分、生徒さんが話せる時間が長くなります。もちろんたくさん話すこと自体もスピーキング力アップには大切だし、「話せた」という気持ちが自信になったりもします。

ただミスを直してもらえないと、英語の上達が一定レベルで止まってしまうと思うんですよね。だっていくら上級者でも、知らないうちに文法ミスはしてるし、もっと上手な伝え方ができたりすると思いませんか?

エンジニアの仕事も同じで、慣れたタスクばかりするのはラクだけど、新しいことも学んでいかないと成長できません。だから英語でも、個人的には「ミスを直してくれるレッスン」のほうが好みです。

アウトサイダーの体験レッスンでは、担当してくれたトラビス先生が、遠慮なく生徒さんのミスに突っ込んだり、もっと上手な言い回しに変えてくれたりしたんですよね。

こう書くと「厳しそう」って感じるかもしれませんが、全然そんなことはなくて、むしろ生徒さんは積極的に話してレッスンを楽しんでいました。だから発話量はかなり多かったです。

あとアウトサイダーでは、グループレッスンとマンツーマンレッスン、さらに英語以外の言語レッスンを自由に組み合わせることもできるんですよ。

なので、時期によってマンツーマンがいい、旅行前にフランス語が学びたい、なんて人にもピッタリ。

あとは外国人と交流できる機会も多いので、国際交流に興味がある方にもオススメですよ。

目次 [非表示]

アウトサイダーに行ってきました

紙屋町東駅から歩いて1分、そごう広島店からも歩いて4分。立地は申し分ないですね。

アウトサイダー 入居ビル外観

階段をのぼると、2Fに校舎があります。

アウトサイダー 入居ビル入り口の様子

アウトサイダー 入り口の様子

ドアを開けると、いきなりたくさんの本が目に入ってきました。

アウトサイダー 入り口付近の様子

アウトサイダー 入り口付近の様子

真ん中には、座り心地がよさそうなソファがあります。

アウトサイダー ロビー

アウトサイダー ロビー

そして奥には、バーが見えます。

アウトサイダー バーカウンター

あとで詳しく書きますが、ここで行われる英会話カフェや交流イベントはアルコールOK。フラッと立ち寄った外国人の方と交流できたりもするそうですよ。

そしてカーテンの向こう側に教室がありました。

アウトサイダー レッスンスペース

アウトサイダー レッスンスペース

アウトサイダーの特徴は?

オーナーの大塚さんが迎えてくれました。まずはスクールのシステムについて話を聞きましたよ。

アウトサイダー 大塚さん

アウトサイダーの特徴は、こんな感じ。

  • 期間やペースを自由に決められる
  • 異なるレッスンを組み合わせられる
  • 入会前に計4レッスンを体験できる
  • 日本語を話せる講師が多い
  • 外国人との交流機会が多い

ひとつひとつ説明していきます。

(ちなみに子供クラスもありますが、今回は大人クラスについてです)

期間やペースを自由に決められる

レッスンにはグループとプライベートがあります。チケットを有効期限までに消化するシステムで、グループなら1レッスン1枚、プライベートなら3枚です。

  3ヶ月有効 6ヶ月有効
週1ペース 12枚 30,000円
(1枚 2,500円)
24枚 55,200円
(1枚 2,300円)
週2ペース 24枚 50,400円
(1枚 2,100円)
48枚 91,200円
(1枚 1,900円)

※税別。入会金は10,000円です。

※ペースは目安です。

一番人気の「週1ペースx3ヶ月」なら、グループが50分2,500円、プライベートは50分7,500円ですね。

グループレッスンの料金は平均的のように思いますが、週2回ペースで通う人や、6ヶ月や12ヶ月分のチケットを買う人にとってはお手頃です。

ほかにも有効期限が1ヶ月や12ヶ月のチケット、さらに隔週ペースのチケットもあります。曜日固定制でもないので、生徒さんそれぞれが、自分に合った期間やペースで通えるということですね。

異なるレッスンを組み合わせられる

グループとプライベートを組み合わせられるだけではありません。実は英語+他言語も組み合わせられるんです。

アウトサイダー 大塚さん

アウトサイダーでは、中国語やフランス語など計7ヵ国語を学ぶことができます。英語以外はプライベートレッスンのみですが、チケットは50分あたり2枚と、英語よりもお手頃。

「TOEIC前はプライベートレッスン」「旅行前はフランス語レッスン」なんて使い方もできます。体験レッスンで一緒になった生徒さんも、他言語クラスを受けてから英語クラスに来ていましたよ。

入会前に計4レッスンを体験できる

今まで私が行ったスクールの体験レッスンは、レベルチェックを兼ねて1対1で会話するか、もしくは1回だけ既存のグループレッスンに入れてもらうか、っていうのが多かったです。

無料なのでこれでも十分ありがたいんですが、いざ入会すると、レッスンの進め方やクラスのレベルがイメージと違ったりすることもあるんですよね。

でもアウトサイダーには「お試しレッスン」まであります。つまりグループレッスン希望だと、入会までに、

  1. 1対1で会話してレベルチェック(無料)
  2. レベルに合ったグループで体験(無料)
  3. お試しグループレッスン(3回6,000円)

が受けられるんですね。

しかも入会するとなると、6,000円はキャッシュバックされます(12チケット以上購入の場合)。つまり実質無料で、計4回の体験レッスンが受けられるということです。

アウトサイダー 大塚さん

これには大塚さんの「先生によってカラーが違うから、自分に合う先生を見つけてほしい。しっかり納得して入会してほしい」という思いがあるとのことです。良心的ですよね!

日本語を話せる先生が多い

アウトサイダーには、アメリカ、フィリピン、イギリスなど出身の先生がいます。

広島に住んで10~30年の人が多く、日本語も話せる先生ばかりとのこと。これだと初心者の方でも気軽に質問とかできそうです。

さらにアウトサイダーでずっと働いている先生ばかりなので、入れ替わりも頻繁ではないそうです。先生が長く続ける学校って、レッスンの質も安定しやすいし、先生に顔を覚えてもらえるのがいいですよね。

外国人との交流機会が多い

さきほどの写真にも、本がたくさん並んでいましたよね?

アウトサイダー 本棚

実はもともとアウトサイダーは出版社として始まったそうです。そして広島にいる外国人が、情報を収集するために集まる場所となっていたようです。

母国に帰るときにかさばってしまう本を、アウトサイダーに置いていく人が多かったことから、今では何千冊という本があるとのこと。

だから外国人観光客の方が、今でも本を探しにアウトサイダーを訪れるそうですよ。そこで生徒さんとの交流機会が生まれることも。

英語の先生って、良くも悪くもゆっくり話してくれるし、つたない英語でも汲み取ってくれますよね?でも短期で日本に来てる観光客となると、そうはいきません。なので本当の意味で自分の実力が試せそうです。

さらにアウトサイダーには、

  • 先生が母国の料理をふるまうイベント
  • 英会話カフェ(週2回、2レベル)

などもあります。レッスン以外でも英語を使ってみる機会が多いのは、嬉しいですね。

体験レッスンに参加しました

先生はアメリカ出身のトラビス先生。流れはこんな感じでしたよ。

  1. ウォームアップ
  2. テーマに沿った会話

アウトサイダー レッスンの様子

レッスンではテキスト(Interchange)も使うんですが、あくまで話のテーマとして取り入れるだけということが多いそうです。

生徒さんは3人+私。生徒のみなさん、かなり英語が上手で、正直ビックリしました。

(以下、分かりやすく日本語にしていますが、会話はすべて英語です)

先生:最近どんなことあった?

生徒さん:自転車をもらいに、姉のところに行ったよ。5年前に買ったけどほぼ使ってないらしくて…新しくはないんだけど…。

先生:そういうときは「It's practically brand new」って言えるよ。

その自転車は5年前に買ったものだけど、実質はほぼ乗ってないから新品ということを言いたかった生徒さん。たしかにここで「practically(実質は)」を入れると、言いたいことがストレートに伝わりそうですね。

生徒さん:自転車はタダでもらうんだけど、その代わりに雑用を手伝ってあげるよ。

ここで「instead of」を使った生徒さんに、先生が他の言い方も教えてくれます。

先生:「代わりに」には「in lieu of」って言い方もあるよ。

これは初めて聞きました。まだまだ知らない表現ってたくさんありますね。

アウトサイダー レッスンの様子

次は男性の生徒さん。同僚がカタールで行われたフルマラソンに参加したとのことで「Middle East country」と言ったのですが、ここでも先生から突っ込みが。

先生:Middle Eastern country.

トラビス先生、適当に話を流すんじゃなくて、内容にも文法にもしっかり耳を傾けて修正してくれるんですね。これは勉強になるのでありがたいです。

次はテキストを使います。といっても、先ほど書いたとおり話のテーマとして使うだけ。

テーマは「ルール」でした。ジムや映画館でしてはいけないことについて話します。

先生:映画館でしちゃいけないことって?

生徒さん:You are not supposed to chat.

他の生徒さん:Also, no recording.

先生:Yeah. But recording is actually “prohibited”.

映画館でのおしゃべりは「マナー違反」ですよね。だから「You shouldn’t…」とか「You are not supposed to…」が使えます。

でも映画を録画するのは「違法」で、おしゃべりとはレベルが違う。だから先生は「prohibited」と表現していました。

同じルールといっても、マナーなのか、法で禁止されているのかで、使うべきフレーズも違うってことですね。

アウトサイダー レッスンの様子

先生:じゃあ映画館で前の席に足を乗せるのは?

生徒:Thats' a bad manner.

先生:そうだね。マナーとしてはダメだけど、違法じゃないよね。こういうときは「Putting the feet up is frowned upon.」って言えるよ。

先生が顔をしかめるマネをしながら、説明してくれました。何回か聞いたことあるような気がしますが、なかなか自分では使えなさそうなフレーズです。

「frown=顔をしかめる」という単語から「frowned upon=ひんしゅくを買う」というように使えるようです。

そのあとは飛行機の中だったり、運転中だったりという場面で、昔と今、さらに海外と日本ではどういうルールの違いがあるのかについて話し合いました。

アウトサイダー レッスンの様子

トラビス先生は、細かい文法まで100%直されるわけじゃありません。だから話の流れが途切れるって言う感じはしないんです。

でも文法ミスにはある程度突っ込んでくれるし、生徒さんの説明が少し長くなると、それをパッと一言で表せる英語フレーズに変えてくれるんですよね。また類似表現を教えてくれたりも。

自分が気づいていないことや知らないことを教えてもらって、初めて成長できると思うので、このレッスンの進め方はいいなと思いましたね。

ただ最初に大塚さんが言っていたように、先生ひとりひとりに異なるカラーがあるようなので、全員がトラビス先生と同じ教え方かどうかは分かりません。

でもアウトサイダーでは、入会前に計4回レッスンを体験できますよね?今いる先生は4人ほどだそうなので、ほぼ全員体験することも可能ということ。やっぱりこのシステム、ありがたいですね!

あとは、当てられなくても積極的に発言していた生徒さんの姿も印象的でしたね。生徒さん同士の仲のよさ、そしてトラビス先生のフランクな人柄が、こうやって生徒さんの積極性を伸ばしているんだと思います。

アウトサイダーに行った感想

良かった点

  • 日本語を話せる先生が多い
  • 色んなレッスンを組み合わせられる
  • カフェやイベントなど交流機会が多い

体験したレッスンでは、生徒さんのレベルが高かったため日本語はほぼ使いませんでしたが、実際は日本語を話せる先生ばかり。これは初心者でも安心のポイントだと思いました。

あとトラビス先生のレッスンには、生徒さんのためになるアドバイスがたくさんあったので、個人的にかなり好みでしたね。

またグループとマンツーマンだけでなく、他言語のレッスンも同じチケットを使って受講できるのは、魅力だなと思いました。さらに英語を使って交流する機会が多いのも、アウトサイダーの良さだと思いましたね。

気になった点

  • マンツーマンは安いほうではない

マンツーマンレッスンは、3ヶ月分のチケットを買った場合だと50分7,500円。大手ではなく個人のスクールのなかでは、安いほうではありません。

もちろんグループと組み合わられるので、試験や旅行前に使うのはいいと思います。

ただアウトサイダーは、積極的な生徒さん同士が高め合えるレッスンや、外国人との交流イベントが魅力のスクールだと思うので、私としてはグループレッスンをとくにオススメしたいです。

総評:レッスン+イベントで実践力アップ

最初の話に戻りますが、自分のミスを知ったり、難しいことにチャレンジしたりすることで、人間って成長すると思うんですよね。

トラビス先生はミスを修正したり、伝わりやすいフレーズにパッと置き換えたりしてくれるので、学びが多いレッスンでした。

もちろん他の先生にも異なる良さがあると思うので、このあたりは、ぜひみなさんが自分の目で確かめてみてください。

無料体験レッスン以外にも、お試しレッスン(3回で6,000円)があるので、スクールのことをよく知ってから入会を決められると思いますよ。ちなみに入会した場合はお試しレッスン分はキャッシュバックされます。

また英語には実践も大切。アウトサイダーに通うなら、外国人観光客との交流やイベントにも積極的に参加してみてくださいね。

スポンサーリンク

Masaya Iwata

当サイト管理人。フィリピン留学後、独学で学習を続けてTOEICスコア920。現在は英語で普通に仕事ができるようなレベルを目指して修行中。 twitter: @iwaking
他にもこんな記事を書いています

基本情報 アウトサイダーの基本情報

ホームページ 公式サイトに移動
所在地 〒730-0031
広島県広島市中区紙屋町1丁目5-17 ケンセイビル2F
最寄り駅 本通駅 
県庁前駅 
胡町駅 
八丁堀駅 
立町駅 
紙屋町東駅 
袋町駅 
紙屋町西駅 
原爆ドーム前駅 
電話番号 082-244-8145
定休日 日祝休
営業時間 月-木 12時〜21時 金・土 12時〜23時

この教室の運営者の方へ

当サイトに登録(無料)すると、基本情報など自由に編集いただけます。
また、一覧で上位表示されるなど特典もございます。 »教室情報を掲載する(無料)

ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です