ノバ(NOVA)

35 3.64    講師について:3.76   教材:3.29   レッスン内容:3.56   設備・立地:4.08   スタッフ対応:3.68   料金:3.19  

NOVAは低価格でネイティブ講師のレッスンが受けられる大手英会話教室です。一時は運営会社の倒産を経験しましたが、その後新たな運営会社のもとで立て直し、現在では全国にスクールを展開しています。

「駅前留学」のキャッチコピーの通り、都心部の主要駅周辺に行くとかなりの確率でNOVAの看板が立っているので、気になっている方も多いのではないかと思います。

今回はそんなNOVAの体験レッスンを受けてきましたので、レッスン内容や良かった点についてまとめてみたいと思います。

目次 [非表示]

筆者の英語学習歴について

本題に入る前に、私の英語学習歴について説明しておきます。

まず、英会話の経験はほとんど無く、英会話を習得しようと努力したこともありません(過去に4度だけ、試しにオンライン英会話の体験レッスンを受けてみたことがあります)。

そして、英会話以外の単語や文法などの学習に関しては、大学受験時に国公立文系レベルの試験勉強をした程度です。恥ずかしながら、大学受験が終わって以降は英語学習を全くと言っていいほどやっていません……

したがって、英語を喋ることに関しては全くのド素人ですが、文法や単語はなんとなく覚えている、というのが今の私の英語力です。

そんな英語力の私ですが、今の世の中やはり英会話を習得しないとまずいなと、今更ながら焦りを覚え、体験レッスンを受け始めているところです。私と同じような境遇の方もいるのではないでしょうか?

さしあたっての目標は、外国人講師と簡単な意思疎通ができるようになることです。本コラムが私と同じように今から英会話を始めようとしている方の参考になれば幸いです。

予約〜体験レッスン当日までの流れ

公式サイトで予約をしてから当日の体験レッスン終了までの流れを簡潔にご紹介します。

公式サイトの申し込みフォームで指定の日時に体験レッスンを予約

・レッスン当日、実際にスクールに来校

・スタッフからスクールやレッスンについての説明を受ける(希望のレッスン内容や現時点での英語力についても軽くカウンセリングをしてくれました)

・レッスン受講

・レッスン後、スタッフと講師によるフォロー

・全行程終了

体験レッスンは30〜40分ほどで、前後の説明も合わせて所要時間は1時間弱でした。

無料体験レッスン

体験レッスンは通常のレッスン室とは別の応接間のような部屋で受けました。椅子と机だけのシンプルな部屋でした。

レッスン内容について

体験レッスンは前半が軽い質疑応答、後半がテキストに沿ったレッスンでした。講師は40代のイギリス人男性です。フォーマルなスーツ姿で、物腰柔らかな印象でした。

体験レッスン前半

前半は軽く質疑応答を行います。おそらく生徒の英会話力をざっと把握するためでしょう。

自己紹介からはじまり、「イギリスに行ったことはありますか?」「趣味はなんですか?」「ここに来るまでに何分かかりました?」など、一言で簡単に答えられる質問をいくつか受けました。

もちろんこちらが一言答えただけでその話題は終了、というわけではありません。

例えば、「趣味はなんですか?」という質問から以下のように話が広がっていきました。

(講師)趣味はなんですか?

(私)楽器を演奏することです。

(講師)どんな楽器を演奏していますか?

(私)コントラバスを演奏しています。

(講師)本当ですか?私も昔バイオリンに挑戦したことがあります。コントラバスを何年間やっていますか?

(私)2年ぐらいです……

全体的に、ひとつの質問から話を広げていって生徒のパーソナリティを掘り下げつつ、会話力を測っている感じでした。文法的な間違いがあったり、不十分な答え方をすると、正しい英文を教えてくれます

私もしどろもどろになりながらなんとか文法と単語を思い出しつつ、答えを絞り出していきました。

講師の方は私の答えに対してちゃんとリアクションをとってくれますし、答えに詰まると違う言い方で質問しなおしてくれたり、詳しい説明を加えたりしてくれたので、リラックスしてレッスンを進めることが出来ました。

体験レッスン後半

後半はNOVAのオリジナルテキストを用いたレッスンです。前半とは変わって少し形式ばった感じになりました。

テキストは1課(2ページ)のなかで、実際の状況で使えるフレーズを1つ取り上げて解説と練習を行う、という構成になっていました。

今回私が学んだのは「What should I do if 〜?」と、それに対する答えとして、「You shoud 〜」「You just 〜」というフレーズ

海外旅行時に想定されるトラブルを「if 〜」の部分に当てはめ、それに対するアドバイスとして「You shoud 〜」「You just 〜」と答えられるようになるのが目標です。

テキストに例文がいくつか載っているので、講師と交代で質問役とアドバイス役を読み上げていきました。その後、テキストを見ずに自分で文章を考えて「What shoud I do if 〜?」と質問する練習をしました。

内容としては少し簡単だと思いますが、レッスン中は全て英語でやり取りするので、途中で講師の説明が分からなかったり、単語の意味が分かりなかったりすることがありました。

ですが、こちらから「わからなかった」「もう一度言ってください」と伝えれば、ゆっくりと単語を分けて言い直してくれますし、単語の意味を詳しく説明してくれるので、何もわからないままレッスンが進んでいくということはなく、前半と同様に安心してレッスンを進めることが出来ました。

オリジナルテキストの内容は可もなく不可もなく、標準的な会話用教材という感じでした。テキスト2ページ分のレッスンを終えたところで、無事体験レッスンは終了しました。

レッスン後、スタッフと講師からアドバイス

レッスン後は、スタッフの方がレベルチェックの結果を報告してくれました。講師がレッスン中にレベルチェックをしてくれていたようです。

私のレベルは5〜10段階のなかで、6でした。NOVAでは5〜10までの5段階のレベルを設定しています。一番低いのがレベル5で、会話のための基礎を習得するレベルです。

レベル6はその次で、リラックスして会話を続けられるようになるレベルです

スタッフの方によると、ほとんどの人はレベル5からスタートするとのことでした。私の場合、会話の基礎となる文法と単語がそこそこ出来ていたようです。

その反面、発音と会話力に関してはこれから鍛えていく必要があるので、週に1、2回レッスンを受けてネイティブとの会話に慣れることをお勧めしていただきました。

その後、再び講師がやってきて、今後の英語学習のアドバイスをしてくれました。講師いわく、今後の学習に以下のような要素を取り入れるといいようです。

  • 1週間に5個の単語を新しく覚える習慣をつけること
  • CDなどの英語の音声を繰り返し聴くこと
  • 発音改善のために、喋っている人の口の動きをよく見ること
  • ネイティブの英語を聴いて、同じように発音して練習すること

以下がその時に講師からもらったコメントシートです。Accuracy(正確さ)やVocabulary(語彙)など5つの項目に関して、短所と長所をまとめています。

体験レッスンの感想

良かった点

講師の英語が聴き取りやすい

講師の方は基本的にゆっくりと話してくれましたし、こちらが聴き取れなかった時は、さらに単語を分けてはっきりと発音してくれました

流暢なネイティブ英語特有のリンキングやリダクションは、あまり無いように配慮されていたと思います。

講師の説明がわかりやすい

英会話初心者でも理解できるような簡単な英文を使って説明してくれます。テキストを使用している時は、ただ文章を読み上げるだけでなく補足や具体例を交えながら説明してくれるので、とてもわかりやすかったです。

日本人にわかりやすく伝える、というのは一般のネイティブスピーカーにはなかなか出来ないことだと思うので、そこは英会話教室の講師ならではの強みだなと思いました。

英語力が低くてもなんとか伝わる

講師の方は私の拙い英語をうまく汲み取って理解してくれたように思います。発音がおかしかったり、文法を間違えたりすることもありましたが、それでもしっかりと話を聴いてくれました

気になった点

講師がうまく補助してくれるので、会話力が向上しないかもしれない

良かった点に挙げたように、講師は拙い英語でもしっかりと聴いてくれますし、言葉に詰まったりわからなかったりするとその都度補助をしてくれます。

それに甘えてしまうと自分で考えて会話する力が付かないかもしれません。

レッスンの質はテキストの内容や講師の質次第

NOVAのレッスンは、発音矯正やカランメソッドなど、なにか特別な教授法やカリキュラムを採用しているわけではありません。

また、テキストの内容も当たり障りのない標準的なものです。マンツーマンの場合、レッスンの内容は事前に伝えることで希望の内容に変えることもできます。

したがって、テキストの内容や講師の教え方が自分の学びたいことに合致しているかでレッスンの質は変わってきます。

NOVAスコアテストも受けてみました

体験レッスンとは別日になりますが、NOVAのスコアテストも受けさせてもらえました。NOVAスコアテストとは、生徒が定期的に受ける進度チェックのテストです。

およそ20分の口頭試験のなかで「正確さ」「語彙」「発音とイントネーション」「流暢さ」「リスニング」の5つの項目の出来具合を測ってくれます

試験は、スクールとは別のオフィスにいるスコアテスト専門の講師とビデオ通話を通して一対一で行います。

このスコアテスト専門の講師、オフィスにたくさん在籍しているらしく、NOVAの生徒さんは毎回ランダムで違う講師のテストを受けているようです。

そして、講師はアメリカ、オーストラリア、イギリスなどさまざまな国出身の方がいるので、色々な訛りの英語に慣れることが出来ます。スタッフの方によるとNOVAのなかでもとくに評判になっている制度のようです。

テスト内容

それでは実際に受けたテストの内容を振り返ってみます。まず、テストが始まるまでパソコンブースの前でヘッドセットを付けて待機します。

定刻になると自動的に画面が切り替わり、遠方にいる講師とビデオ通話で繋がります。今回の講師は30代くらいの女性でした(どこの国出身かは聞きそびれてしまいました……)。

テストは大きく分けて挨拶と質疑応答、リスニング、スピーキングの3部に分かれています

最初に軽く挨拶をします。まず講師が自己紹介をし、その後「Introduce yourself.」と言われたので、2言ぐらいで年齢と名前だけ言って自己紹介を済ませました。

おそらく2言だけでは少なすぎたので、その後「将来何がしたいですか?」など、私のパーソナリティを掘り下げる質問をいくつかしていただき、軽い雑談のような形でテストが進んでいきました。

ある程度会話をしたところで、リスニングのテストに入っていきます。リスニングのテストは2問で、どちらも対話の音声を聴き取った後に、その内容に関する質問に答えるというものでした。

このリスニングテスト、全レベルの生徒に同じ問題が課せられる難易度の高いものらしく、2問ともほとんど聴き取れず、講師からの質問にも答えられませんでした。

ですが、私がほとんど聴き取れないことは講師の方も予想していたらしく、代わりに「テレビは見ますか?」「お気に入りのテレビ番組は何ですか?」など、リスニングのトピック(今回のトピックは「テレビの番組」でした)に関連する質問をいくつかしてくれました。

いくつかの質問に答えたところで、スピーキングのテストに移ります。スピーキングテストの主なトピックは「動物」でした。

まず、「一番好きな動物は何か」「日本で最もポピュラーなペットは何か」等の質問をされ、それらを理由も含めて自分で考えて答えていきました。

次に、画面に動物の写真がいくつか表示され、写真上の動物が何をしているかを説明していきます。

この間にも、講師から「動物園に行ったことはありますか?」「動物園でなんの動物が見たいですか?」など、派生的な質問をいくつか受けました。写真の説明が終わるとスピーキングテストは終了。

ここでスコアテストは終了ですが、時間が余っていたので、講師への質問や「将来英語を使って何がしたいか」など雑談的な話をして通話を終えました。

結果

テストのスコアは4でした。これはノバのレベル6(リラックスして会話を続けられるレベル)の下の方の実力に相当します。

5項目のなかでよく出来ていたのは「正確さ」と「語彙」で、ダメだったのは「リスニング」です。以下が頂いた結果シートです。

テストのスコアは100個のチェック項目をもとに算定しています。

チェック項目と結果シートとを照らし合わせて見ると、「基本的な接続詞が使える」「質問文を作れる」等にはチェックが入っていないので、そのあたりを意識して改善すればすぐにある程度のスコアは上がりそうです。

リスニングに関しては、まずはナチュラルスピードに慣れることが課題のようです。

感想

テストは軽い雑談も交えつつ、終始和やかな雰囲気で進んでいきました。

スコアテストは何か1つの正解があるわけではなく、生徒の英語力を判定するのが目的なので、講師の方がなんとかして生徒の発言を引き出そうと試行錯誤してくれます

いくつかは予め決まった質問が設定されていましたが、それに答えられなければ沈黙のまま終了というわけではなく、臨機応変に違う質問を振ってくれるので、リラックスして発言することが出来ました。

テストのなかでは事あるごとに説明や意見を求められるので、英語でプレゼンテーションやスピーチを行ういい練習になると思います。

また、100個のチェック項目で自分の出来ていない所がはっきりと分かるので、次回までに改善しようというモチベーションアップに繋がります

このテストのスコアだけ上がればいいわけではありませんが、20分程度で終わるので、腕試しとして気軽に受けるには丁度いいと思いました。

その他、料金やスタッフ対応などについて

料金

料金は基本的に月謝制で、その額は固定制(ポッキリ留学シリーズ)と自由予約制(フリープラン)で少し変わります。マンツーマンで一番レッスン回数の少ない月4回プランの料金例を見てみましょう。

マンツーマンレッスンを月4回受ける場合の料金例
(単位:円(税込))
  固定制 自由予約制
受講料 20,000 30,240
月会費 0 1,080
入会金 0 0
テキスト代 2,700~ 2,700~
合計 22,700~ 34,020~

固定制(ポッキリ留学シリーズ)の場合、マンツーマンで月4回のレッスンを受けて月々20,000円(税込)です。その他に費用は教材費のみです。

自由予約制(フリープラン)の場合、マンツーマンで月4回のレッスンを受けて月々30,240円(税込)で、これに加えて月会費1,080円(税込)がかかります。

ただし、フリープランには学割・シニア割・家族割の3種類の割引プランがありますので、割引対象になればレッスン受講料が10~30%オフになります。

固定制と自由予約制ともに入会金はかかりませんが、別途テキスト代が2,700円(税込)〜必要です。

この他、レッスン回数の多いプランや新コースもありますので詳しくは公式サイトをご参照下さい。

また、月謝制なので料金プランは月ごとに変更可能です。1ヶ月試しに受けてみたけど合わなかった、あるいはもう少し多めに受けたいという場合でも柔軟に契約を変更できます。

スタッフ対応

スタッフの対応は明るく、丁寧でしっかりとしていました。レッスン前後の説明も十分にしてくれたと思います。

教室の雰囲気

スクールはシンプル・清潔な内装で過ごしやすい空間になっていました。エントランスにはソファーがありコーヒー・紅茶が飲めます。スタッフと生徒で談笑する場面も見受けられ、アットホームな雰囲気でした。

まとめ

スタッフの対応が丁寧で、講師の質が高いので、初心者の方にもお勧めできます

スコアテストなど、生徒のレベルを細かくチェックする体制が整っているので、自分の弱点や伸ばすべき所がはっきりと分かり、モチベーションを高めやすいスクールだと思います

体験レッスンを受けるだけでも勉強になるのではないでしょうか?ご興味のある方には思い切って無料体験を申し込んでみることをお勧めします。

スポンサーリンク

Riku

英会話初心者の大学生。大学受験以来、英語の勉強をパッタリとやめてしまいましたが、英会話習得を決意し、最近になって英語学習を再開しました。現在は英語での簡単な意思疎通が出来ること&TOEIC600点を目指して英会話レッスンの受講と試験勉強に奮闘中。

基本情報 ノバ(NOVA)の基本情報

ホームページ 駅前留学のNOVA (公式サイトに移動)
初期費用 入会金なし
体験レッスン 無料体験レッスン有
カテゴリ
レッスン形式
  • マンツーマンコース有
  • 少人数(2〜4人)コース有
講師の特徴
  • ネイティブ講師が在籍
その他の特徴
  • 入会金無料
  • 料金が月謝制
  • 料金がポイントまたはチケット制
  • 体験レッスン有
  • Web予約可
  • 他言語コース有
  • 留学制度有
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です