ロゼッタストーン

35 3.55    コンテンツ:3.68   料金:3.20  

英語学習者ならロゼッタストーンという名前を一度は聞いた事があるのではないでしょうか。ロゼッタストーンは元祖英語学習ソフトといった感じの言語学習プログラムで、20年以上の歴史があります。

ロゼッタストーンは、ソフトウェアにもかかわらず「聞く」「話す」「読む」「書く」といった英語の4技能を日本語を使わずに学習できるのが特徴です。

そんなロゼッタストーンですが、管理人が実際に利用してみることができましたので感想を含めて記事にしてみました。

目次 [非表示]

ロゼッタストーンってそもそもどんな感じ?

豊富なレッスン数を収録!好きな時に好きなだけ。

ロゼッタストーンには5つのレベルが用意されており、各レベル毎に4つのユニットがあります。そして各ユニットには32個のレッスンが収録されています。つまり、全部で20ユニット、各32レッスンあるので合計640レッスンあるということですね。1レッスン当たりの長さは10分程度のものから、30分程度かかるものまであります。

学習プログラムですから、レッスン自体はパソコンやスマホがあればいつでも始めることができますし、途中でやめて後で再開、ということもできます。

対象ユーザーは初心者〜中級者

現在収録されている学習内容は、日常英会話をトレーニングすることを目的として、語彙は中学高校必須単語である2,500語程度となっています。文法は中学レベルのものが多く、高校で習うような書き言葉は少なめです。ロゼッタストーンは会話表現向けですね。ですので、英語学習を始めたばかりの初心者や、読み書きはできるけども会話にまったく自信がない方が最初の一歩として利用するのに良いと思います。

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能が学べる

ロゼッタストーンは独自の音声認識プログラムを搭載しているので、ソフト側が発音をチェックしてくれるのが特徴です。そのため、多くの学習ソフトでは実現できなかった「話す」練習も可能となっています。レッスンの構成自体も4技能を使うようにバランス良く配置されていますので、総合的に学習することができると思います。

音声と画像を使い、日本語を使わずに英語を学べる

レッスンは音声と画像を使って進んでいきます。内容としては、読み上げられた英単語・文章に該当する画像を選択したり、逆に画像から文章を選択したり、文章を読み上げて発音をチェックされたり、と色んな角度から学習を行います。これらの学習パターンはものすごく多いというわけではないのですが、内容がよく変わるので最初は慣れていないと何をすればいいのか戸惑うかもしれません。

なんと24言語を学習可能

ロゼッタストーンは海外で開発されたソフトウェアですが、今では世界各国で利用されています。また学習言語は24カ言語となっており、幅広い学習ニーズに対応しています。ロゼッタストーンの対象ユーザーは初心者〜中級者ですので、始めてみたい言語の取りかかりとして利用するのに向いています。

ロゼッタストーンの気になる料金は?

ロゼッタストーンは学びたい言語を購入し、学習プログラムをダウンロードするか、iPhoneなどのアプリをダウンロードして利用を開始できます。

そして、気になるお値段なのですが、ロゼッタストーンでは2つのコースが用意されています。

基礎コース 総合コース
29,800円 12ヶ月 49,800円
3ヶ月 13,800円
1ヶ月 5,000円
※すべて税込

基礎コースは買い切り料金で、総合コースは月額料金となっています。基礎コースは最初に料金を支払ってダウンロードすればずっと使用することができます。総合コースは月額料金ですが、オンラインでネイティブ講師とのグループレッスンを受講できたり、スマホやタブレットでも学習することができます。

2つのコースの細かい内容については、ロゼッタストーンの料金ページをご覧ください。

上記のように基礎コースと総合コースは内容が違うので単純には比較できませんが、学習プログラムをパソコンでのみ利用する方は基礎コースがお得だと思います。総合コースは初期費用を抑えられますし、ネイティブ講師とのオンラインレッスンや、スマホやタブレットでの学習に魅力を感じる方には良いと思います。

実際に使ってみての感想

良いと思った点

学習ソフトなのに4技能を学べるというだけあって、よくできていると思います。上にも書きましたが、ソフト側が様々な角度から自動で問題を出してくれるので楽チンです。

また、音声認識は良い仕組みだと思います。最近ではiPhoneのSiriなどがあるので一般的になりましたが、ロゼッタストーンは音声認識を言語学習に利用した点では先駆けだったのではないでしょうか。音声認識の精度はものすごくよい、というほどでもないのですが、日本人が間違えやすいLとR、TH、などはちゃんと発音しないと満点にはなりません。

あと、日本語を使わずに音声と画像で進行していくのはいいですね。自然に英語は英語のまま判断することができると思います。語彙や文章と画像がしっかりマッチしているのであまり違和感なく利用できます。現在ではスマホによる英語学習アプリが増えてきましたが、画像のチョイスや英文の自然さにおいては、改良を重ねているロゼッタストーンは頭一つ抜けているように感じました。

レッスン時間については、一日10分程度から可能というのも良いと思います。レッスン中はいつでもやめることができますし、やめた場所からいつでも再開できます。その分強制力がないといえばそうなのですが、個人的には自分で選びたい派なのでいいと思います。

気になった点

基礎コース(ダウンロード版)は、スマホやタブレットでは利用できません。iOSやAndroidで利用するにはアプリ版を使う必要があるのですが、それには別途購入か、総合コースへの申し込みが必要です。パソコン版とアプリ版では内容は基本的に同じですから、別途購入するか、コースによって利用できるかどうかが変わるというのはちょっと納得いかない気もしました。

また、音声やマイク入力を使って総合的に学べる点は良いのですが、その分外では学習できません。さすがにカフェに一人で発音練習するわけにいきませんからね。これは良い点の裏返しみたいなものです。

あと、レベル設定は初心者〜中級者ですので、高校レベルの語彙・文法をしっかり身につけている方にとっては物足りないと思います。それでも「話す」「聞く」の練習にはなると思うのですが、「書く」「読む」が簡単すぎると飽きてしまうかもしれません。
レベルとしては、ロゼッタストーンは日常会話用ですのでビジネス用途のTOEICとは簡単に比較はできないのですが、文法や語彙レベルはTOEICスコア600点くらいまでかな、という印象です。

まとめ

ロゼッタストーンを一週間ほど利用してみて、特徴や良かった点、気になる点について一通り書いてみました。

ロゼッタストーンは学習プログラムとしては先駆けですが、最近ではさまざまな英語アプリも出ています。それらに比べると料金面や利用のしやすさという面でやや負けているところもあるかなとは思います。

しかし、日常会話を身につけたいと思っている方の取りかかりとしては、画像や語彙・英文の質が高く、しっかり学べる良い学習プログラムだと思いますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

いわきんぐ(iwaking)

当サイト管理人。フィリピン、オーストラリア留学を経て、TOEICスコア880。現在はTOEIC900over&英検1級目指して学習中。 twitter: @iwaking  Google+
他にもこんな記事を書いています

基本情報 ロゼッタストーンの基本情報

ホームページ 公式サイトに移動

この教材の運営者の方へ

当サイトに登録(無料)すると、情報の編集を自由に行っていただけます。
また、一覧で上位表示されるなど特典もございます。 »教材情報を掲載する(無料)

ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です