My English Room

45 4.62    講師について:5.00   教材:   レッスン内容:5.00   設備・立地:5.00   スタッフ対応:4.50   料金:3.50  

管理人の岩田(@iwaking)です。名古屋の英会話カフェ&スクール「My English Room」に行ってきました。

My English Room レッスン風景

私は今まで多くの英会話カフェや英会話スクールに足を運んできました。

この2つを比べるとすれば、前者には「自然なシチュエーションでたくさん話せる」、後者には「テーマに沿って基礎をしっかり学べる」というよさがあると思います。

逆に英会話カフェには「基礎学習」が、英会話スクールには「話す機会」が欠けているともいえます(メリットの裏返しではありますが…)。

なぜいきなりこんな話をしているのか、それはMy English Roomの特徴が、カフェとスクールそれぞれに足りない部分を教室内で補えるところにあるからです。

つまりMy English Roomは、うまく利用すれば総合的な英語力を伸ばせる場所だと思うのです。

目次 [非表示]

My English Roomの特徴

My English Roomの校舎は、伏見駅から歩いて5分。コミュニケーションを楽しむ「英会話カフェ」と、ニュース教材を使う「茅ヶ崎クラス」の両方があるのが特徴です。

※ほかにもレベルや目的に合わせて学べるプライベートレッスンや、家族や友達と受講できるグループレッスンもあります。

英会話カフェって?

My English Roomの英会話カフェは、予約不要。カフェの営業時間内であれば、好きなときに来て、好きなときに退出できます。

My English Room 英会話カフェ
英会話カフェ

My English Roomではカフェを担当する外国人を、講師ではなくスタッフと呼びます。お互い対等に話せる、海外に行ったような感覚でコミュニケーションを楽しめる、そんな場にしたいという思いがあるとのこと。

外国人スタッフの出身国はアメリカ、イギリス、モロッコ、リトアニア、ドイツと色々です。名古屋にいながら、まさに国際交流を楽しめそうですね。

茅ヶ崎クラスって?

神奈川県茅ヶ崎市で元NHK国際局記者が1981年に立ち上げた「茅ヶ崎方式英語会」という団体。ニュースを素材とした英語教材を作成しており、それを使ってレッスンを行う「協力校」が全国にあります。My English Roomに併設している「名古屋栄校」もそのひとつ。

茅ケ崎方式のニュース教材には、私たち学習者が国際社会の中で英語を役立てるために学ぶべき重要単語4,000語が含まれています。ニュースのテーマも、スポーツ、環境、教育、時事など国内外にわたり幅広く、興味深いものばかり。

My English Room 茅ヶ崎クラス
茅ヶ崎クラス

My English Roomでは指導経験が豊富な荒川先生が全ての茅ヶ崎クラスを担当。5つのレベルがあり、同レベルのクラスなら振り替えが可能です。

生徒さんはレッスンで使った音声データをレッスン時にもらうCDまたはWEB配信を使って家でも聞くことができます。

リスニング力や語彙力はもちろん、文構造を理解する力にも役立つので、リーディングのスピードも上がると思います。TOEICや英検にも効果が高いといわれていますよ。

Chigasaki Mates  表紙

こちらの茅ケ崎方式通信にある英検合格記には、My English Roomの名古屋栄校で学んで昨年1年間で英検1級に合格された生徒さん2人、準1級に合格された1人の体験記も載っていました。

Chigasaki Mates  体験記

英検1級は単語もリスニングもかなり難易度が高いので、さすがですよね。

いくらで利用できるの?

ここまで書くチャンスがありませんでしたが、実はMy English Roomの料金はとても良心的です。

英会話カフェは1時間1,000円~

英会話カフェ
最初の1時間 1,000円
延長15分ごと 250円
1日料金 3,000円
マンスリーパス 15,000円

すべて税別。

これは「MER(My English Room)Club」の会員になった場合の料金。そのためには初期登録料21,000円と月会費525円がかかります。長く通うなら、会員になったほうがお得です。

単発で利用するのも、もちろんOK。その場合は、はじめの1時間が1,600円(30分以内は1,000円)、延長15分ごとに400円です。

ちなみに会員でも会員でなくても、料金にはドリンク1杯が含まれていますよ(マンスリーパスを除く)。

茅ヶ崎クラスは80分x月3回で月8,000円~

茅ヶ崎クラス
レベル0
(基礎)
80分x月2回 月7,000円
レベル1~3 80分x月3回 月8,000円~9,000円
ライティング 80分x月3回 月9,000円

すべて税別。

茅ヶ崎クラスも、かなり安めです。そしてこの料金には「カフェタイムクーポン(月1回分)」がついています。

そのため茅ヶ崎クラスだけでなく、英会話カフェにも参加するのがオススメ。のちほどのインタビューで詳しく聞きましたが、そこには設立者である荒川先生の熱い思いがあります。

My English Roomにおじゃましました

名古屋駅から東山線で1駅(3分)の伏見駅。4番出口を出て5分ほど歩くと、建物が見えてきました。

My English Room 建物

このビルの2Fに校舎があります。

My English Room 入り口

ドアが見えました。

My English Room 受付

ドアを開けると、目の前が受付。

My English Room 教室内部

そして真ん中あたりに大きめの机があります。ほかにもテーブルやイスが並んでいます。かなり広々としていますよね。

そして受付の左が英会話カフェになっています。

今まで行った英会話カフェでは、講師と生徒さんがテーブルをかこむスタイルが多かったと思います。

ここでは外国人スタッフはカウンターの向こう側。お気に入りのカフェやバーに行って、マスターや他のお客さんと会話を楽しむイメージでしょうか。

まずは英会話カフェに参加

この日は男性が多かったのですが、いつもは男性も女性もバランスよくいらっしゃるそうです。外国人スタッフは、明るく話を盛り上げてくれるアギス先生。

My English Room 英会話カフェ

(以下、会話はほぼ英語です)

アギス先生:今日は英会話カフェに来るまで、なにしてた?

生徒さん:うーんと…(聞き取れなかった様子)

アギス先生:朝ごはん食べたとか…散歩行ったとか…

生徒さん:そういうことか!昼まで寝てたよ。

と生徒さんのレベルに合わせてヒントを出しながら、フリートークが続きます。私が当サイトに掲載する体験レポートのために来ていることを話すと、ある生徒さんが私にこんな質問を。

生徒さん:英語教育は小学校でも始まるもんね。それについてどう思う?

岩田(私):みんながみんな英語が必要かは分からないね…大人になってからでも始められると思う。

生徒さん:僕はスキルのある先生が足りるのか心配。スピーキングや発音にも力を入れなきゃいけないし。

この生徒さんと話していると、ほかの生徒さんと話していたアギス先生が、会話に加わります。

アギス先生:そうだねー。日本人はカタカナみたいに「オレンジ」とか「ハンドレッド」とか言ってしまうよね。でも僕は伝わることが大切だと思うから、発音は完璧でなくてもいいと思うよ。

岩田:日本語はだいたいの単語が母音で終わるから、そのクセが英語にも出てしまうよね。

My English Room 英会話カフェ

ギリシャ出身のアギス先生。ギリシャでは小さいころから英語を学ぶそうです。

そこからは英語に似ているヨーロッパ言語について、アギス先生の日本語学習について、オススメの英語学習法についてと、会話が弾みます。

My English Room 英会話カフェ

ユニークだと感じたのは、必ずしも生徒さん全員がひとつの会話に参加しているわけではないこと。たまに隣の生徒さん同士で「どう思う?」と会話が始まるのです。

バーに行っても、マスターとだけでなく隣のお客さんとも話したりしますよね。ほかの英会話カフェと比べても、My English Roomの英会話カフェは、より自然なコミュニケーションの場に近いと感じました。

次に茅ヶ崎クラスに参加

英会話カフェのあとは、茅ヶ崎クラスに参加。4レベルの上から2番目のクラスです。

My English Room 茅ヶ崎クラス

先週の復習がおわると、単語の聞き取り練習です。

My English Room 茅ヶ崎クラス プリント

右ページに答えがありますが、これを隠したまま聞き取った単語を左ページに書いていきます。

このCD音声がとにかく速い。メモ程度に単語の半分くらいを書いて次に進まないと、間に合いません。聞き取ったあとは、一人ひとり単語を声に出して読み、日本語の意味を答えていきます。

このうち半分は、今日これから聞くニュースに出てくる単語とのこと。それを先に確認することで、聞き取りも少し楽になりそうです。

そして今日ひとつ目のニュースを聞きます。

My English Room 茅ヶ崎クラス
みんな真剣に聞いています

「台湾で住民投票が行われ、福島からの食品輸入が引き続き制限される」というニュース。音声は1分ほどですが、内容は決して簡単ではありません。

まず聞き取ったことをシェアし、次はパラグラフごとに音声を聞きます。

My English Room 茅ヶ崎クラス プリント
レッスン中はスクリプトは見ません

CD音声:People in Taiwan have voted for maintaining an import ban on food products from Fukushima and four other prefectures in Japan.

先生:主語はどれですか?

生徒さん:People in Taiwan

先生:動詞は?

岩田:voted

先生:そうですね!

少しずつ文の構造を確認しながら、みんながほぼ一字一句聞き取れるまで、何度もCDを流します。これを続けると、リスニング力はかなりアップすると思います。

台湾では有権者の25%が、福島ほか4県からの食料輸入の制限に賛成したとのこと。

先生:台湾の人口ってそもそも何人くらいだろう?

先生:福島のほか4県って、どこだろう?

ニュースを理解するのに必ず必要というわけではないですが、このように周辺情報を知ることで、より内容がスッと入ってくる気がします。また純粋に知識が増える面白さを感じます。

My English Room 茅ヶ崎クラス

最後にこのニュースについて日本語で意見を交わしました。

この日はもうひとつニュースを聞きました。こちらは2025年に行われる大阪万博について。

My English Room 茅ヶ崎クラス プリント
こちらもレッスン中はスクリプトを見ません

先生:どんなことが聞こえた?

生徒さん:大阪の万博について…

先生:そうだね!何年ぶりって言ってた?

生徒さん:55年ぶり?

先生:ロシア(別の候補地)との票差はなんだった?

と先生のヒントを頼りに、何回もCDを聞くことで、少しずつ全体の内容を理解していきます。

My English Room 茅ヶ崎クラス

新しい単語もいくつかありましたが、文脈から学べるのが、このニュース教材のよいところです。

長年英語を教えてきた荒川先生。文の構造や単語のニュアンスについての説明も、とても分かりやすかったです。

荒川先生にインタビュー

体験のあとは、My English Roomの創立者である荒川先生にお話を聞きました。

My English Room 荒川先生

生徒さんたちには、英語で意見を伝えられることの楽しさを知ってほしい

ーー 2003年にスタートされたとのことですが、そのきっかけを教えてください。

荒川先生:昔から英語が好きだったんです。子どもが生まれてからは、子ども英会話教室で英語を教えはじめました。

そして生徒さんが中学生、高校生、大人となっていくうちに、大人が英語を使える場所って少ないと知ったんです。

そこで英語を日常的に使える場所があればいいなと感じました。というか、そういう場所を気軽に低料金で使っていただけるように作らなくてはという、使命感のようなものが生まれたんです。

英検やTOEICのスコアを目標にすることも、モチベーションになってよいと思うんですけど、やはり長期的なゴールというのは「コミュニケーションを取ること」であるべきだと思っています。

ーー そうですね、私も英語の本質ってそこだと思います。あくまでコミュニケーションが目的であるべきだと思うんですよね。

My English Room 荒川先生

荒川先生:だから生徒さんには、英語で意見を伝えられるようになってほしい、その楽しさを知ってほしいと考えています。

そこで日本に住む人と海外から来た人が、対等な関係でコミュニケーションをとれる場として英会話カフェを作りました。講師ではなく外国人スタッフと呼ぶのもそのためです。

茅ヶ崎クラスで学んだことを、コミュニケーションに使ってほしい

ーー 荒川先生がコミュ二ケーションを大切にされていることはよく伝わってきました。でも英会話カフェだけでなく茅ヶ崎クラスを始めた理由はなんでしょうか。

荒川先生:はじめは英会話カフェで話す経験を積めば力がつくと思っていたんです。10歳ぐらいまでの子どもだったら、それでOKなんですよね。でも大人は、それだけでは難しいと気がつきました。

理論として「こういう文の構造なんだよ。この発音はこうやって出すんだよ」という説明が必要なんです。

また、単に自己紹介にとどまらず英語で話す内容を充実させるためには、国内外のニュースを素材とした茅ヶ崎方式で学ぶことがリスニング力の強化とも相まって大いに役に立つと考えて、名古屋栄校を開設することにしました。

My English Room 荒川先生

ーー 英会話カフェと茅ヶ崎クラスの両方があることが、My English Roomのよさだと思います。

荒川先生:茅ヶ崎方式のニュースは、とてもよくできた教材ですよ。本当に。英語学習者用に書かれたニュースなので、リスニングも単語も伸びるように考えられている。そしてなにより面白いんですよね。

ただ茅ヶ崎クラスだけ通いたいという方には、やっぱりコミュニケーションにも使ってほしいと伝えています。茅ヶ崎クラスで習ったことを、英会話カフェで「この問題についてどう思う?」と聞いてほしいです。

みなさん英会話カフェはとても楽しいと言ってくださいます。それは英語を使ってコミュニケーションが取れた喜びを感じているからだと思います。

My English Room 荒川先生

ーー さいごに、荒川先生が思うMy Englihs Roomの一番の強みはなんですか。

好きなときに来て、好きなだけ居れる。それも安い。そして外国人と同じ立場で話せて、英語が好きな人同士が友達になれる。そんな場所であることです。

英語学習の本質を大切にしているスクール

英会話カフェって、色んな出会いがあって楽しいんですよね。スピーキング力もコミュニケーション力も伸びると思います。ただ、自己紹介や旅行など気楽なトピックに話が流れがちなのも否めません。

ネイティブと対等に意見を交わせるようになるために、しっかり学びたいという方もいると思います。

「英語はコミュニケーションのため」という信念を貫きながらも、ニュースの聞き取りにチャレンジできて単語力や読解力を伸ばせる「茅ヶ崎クラス」も提供している。これがMy English Roomの強みだと思います。

しかも大手スクールの週1回プランと同じくらいで、英会話カフェと茅ヶ崎クラスに週1回ずつは通えるような料金設定です。

My English Roomのよさは、英会話カフェと茅ヶ崎クラスの両方に参加することで、よりしっかりと感じられると思います。名古屋のみなさん、いかがでしょうか。

スポンサーリンク

Masaya Iwata

当サイト管理人。フィリピン留学後、独学で学習を続けてTOEICスコア920。現在は英語で普通に仕事ができるようなレベルを目指して修行中。 twitter: @iwaking
他にもこんな記事を書いています

基本情報 My English Roomの基本情報

ホームページ 公式サイトに移動
所在地 〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄2-6-1 RT白川ビル2F
最寄り駅 伏見駅  徒歩5分
電話番号 052-253-7863
対応サービス
レッスン形式
  • マンツーマンコース有
  • 幼児・子供向けコース有
  • 大人向けコース有
講師の特徴
  • ネイティブ講師が在籍

この教室の運営者の方へ

当サイトに登録(無料)すると、基本情報など自由に編集いただけます。
また、一覧で上位表示されるなど特典もございます。 »教室情報を掲載する(無料)

ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です