イングリッシュベル(English Bell)

40 3.79    講師について:3.53   レッスン内容:3.77   教材:4.00   料金:4.12   受講システム:3.25   通話品質:4.00  

口コミ 口コミ詳細

レッスン内容
2 人中、2人が、参考になったと投票
DMEコースについて。

このスクールでは、カランコースとDME(ダイレクト・メソッド・フォー・イングリッシュ)コースの両方を開講しています。カランコースはインターネット上に紹介されているページがたくさんあるので概要はつかみやすいと思います。

DMEコースは、一言で言うと現在版カランコースです。カランにはないレッスン内容も盛り込まれ楽しいです。カランにある古い表現を改め、現在に即した内容に改定されているようです。現在日本で受講できるのはこのオンラインスクールだけのようです。文法に則って話す癖をつけるため受講することにしました。

気づけばフリートークでも今までより冠詞や単複、時制などに注意しながら話そうとしているので一定の効果があるように思われます。しかし、ダイレクトメソッドで理解できるのは残念ながら年齢の若い方が有利と感じます。事前にテキストを見ないことになっていますが、初学者の場合これで理解できるかどうか疑問ですし、そんなに若くなく日常英語を使用してこなかった大人は少し予習するのもアリでは?と思っています。

答え方も型どおりでないとダメですので、フラストレーションがたまることがあります。個人的には一通りの学校教育を受けた一般的な日本人(大人)が意思疎通できる程度にブロークンでなくすらすら口から英語を話すには、瞬間英作文でトレーニングすることが一番近道のような気がします。

ダイレクトメソッドは、本来実際に同じ空間にいる方が効果的でしょう。しかし、オンラインでも様々な工夫でそのハンデを克服するようレッスンしてくれます。DME教授法では質問を2回言う、生徒が答えられない場合は答えを導く、という2点のみが統一ルールで他は教師の裁量に任されるようです。

よって、同じ回答をしても「OK」として進める先生や、流暢に言えるまで言わせる先生がいます。どのくらい言えたら進めてほしいかは人によって違うので先生方も迷われるようです。先に伝えておくとスムーズに進みそうです。私は気に入った何人かの先生のそれぞれ微妙に違うレッスンのおかげで飽きずになんとか続けています。

また、語学留学でカランを受ける場合と違い、マンツーマンなので何度も同じ答えを聞けません(クラスレッスンでは他の生徒が話すのを聞けます)。一言も逃さず聞いて→答えるをレッスン中ずっと続けるので疲れます。ちなみに、先生の質問は早口で2回繰り返すのがルールのようですが、かなりゆっくり話される先生や必ずしも2回言わない先生もいます。
女性 / 2010年頃から 4〜6ヶ月間 / 中級    匿名口コミ /img/users/w_30_b.png
参考になった!  はい   いいえ
URL

基本情報 イングリッシュベル(English Bell)の基本情報

ホームページ 英会話のENGLISH BELL (公式サイトに移動)
設立年月 2008年6月
初期費用 0円
教材費用 不要 (市販テキスト利用時は実費)
授業プラン・コース料金 コースによる
その他費用 不要
支払方法 クレジットカード、銀行振込
使用教材 スクール独自教材又は市販テキスト
講師の出身国 フィリピン、アメリカ他
レッスン形式 マンツーマン
予約方法 レッスン開始の 15分前まで予約可
キャンセルポリシー レッスン開始の 6時間前までは無料
他言語レッスン なし
体験レッスン制度 あり(登録後2レッスン)
カテゴリ
レッスン形式
  • 試験対策コース有
講師の特徴
  • フィリピン人が主に担当
その他の特徴
  • 入会金無料
  • 料金が月謝制
  • お試しレッスン有
  • 早朝レッスン可能
  • DME/カランメソッド
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です