初心者が間違いやすいビジネス英語8選

せっかくビジネス英語を学んでいるのに、間違ったことを覚えてしまうのはもったいない。大事な商談やミーティングの場で、恥をかいてしまうことに……。TOEICなどで高得点を取った後でもシチュエーションに合った英語を使いこなせなければ意味がありません。そこで今回は、最初は間違いやすいビジネス英語をピックアップしました。

1、どちらさまでしょうか?

相手に「どちらさまでしょうか?」と聞くときに「Who are you?」を使うのは誤りです。電話口を中心に使う言葉ですね。パッと思い浮かんでしまうフレーズですが、非常に不躾な表現となってしまい、失礼にあたります。「May I (Could I)have your name please?」と、丁寧語で表現するのが基本。

2、席を外している

相手に「申し訳ありません。●●は今、席を外しています」と答えるときに「I’m sorry, but he is gone.」を使うのは誤りです。「席を立って一時的にどこかへ行ってしまった」と表現しているように感じられますが、ネイティブは「be gone」と聞くと「退職」だと判断します。「He/She’s not at his/her desk right now」が正しい表現。

3、返答

相手に「はい」「いいえ」と答えるときに、「Yes」「No」を使うのは誤りではありませんが、やや素っ気ない響きがあります。「Yes」の代わりに「Certainly」「All right」「Sure」「No problem」など、「No」の代わりに「I'm sorry」「I'm afraid….」を用いて、理由も付け足すのがマナー。

4、お忙しいとは存じますが、よろしくお願いいたします

相手に「お忙しいとは存じますが、よろしくお願いいたします」と伝えるときに、「You may be busy, but please do it.」を使うのは誤りです。エラそうな「忙しいかも知れないですが、やってくださいね」といったニュアンスで伝わり、生意気だと思われかねません。「I understand you are very busy, but it is greatly appreciated if you could complete this.」 というような、お願いに適した表現が適切。

5、〜してほしいです

相手に「〜してほしいです」と伝えるときに、「I'd like you to do this.」を使うのは誤りです。受け取る相手は「やや上から目線だな」と感じ取ってしまうため、会社では使わないのがベター。特に目上の人に使うと、礼儀がなっていない人間だと判断されます。「Would you…?」「Could you…?」と、丁寧語で表現することが、業務を円滑に回すコツ。

6、何の仕事をしていますか?

相手から「What do you do?」と聞かれたときに、「何をしているのですか?」と訳すのは誤りです。「What do you do?」は職業を尋ねる慣用文として使われています。その際に会社名だけを答えるよりも、仕事の内容を答える方がスマート。

7、お会いできて嬉しかったです

相手に「お会いできて嬉しかったです」と伝えてその場を立ち去るときに、「Nice to meet you.」を使うのは誤りです。原則、会ったときにも別れるときにも使える「Nice to meet you.」ですが、あくまでも初対面のときのみ。2回目以降では「Good to see you.」と伝えるのが正しい。

8、約束があります

相手に「〜さんと約束があります」と伝えるときに、「I take an appointment with〜.」を使うのは誤りです。正しくは「I have an appointment with〜.」を使いましょう。“約束を持っている”のニュアンスでhaveを用いるようです。「appointment」には「直接人と会って〜をする」という意味があります。ほかにも「約束を守る」は「keep an appointment」、「約束をキャンセルする」「cancel an appointment」など、「appointment」関連の表現は、ビジネスシーンで使えるので覚えておきたいもの。

 

ビジネスの場で幻滅されることのないよう、正しい表現をしっかりマスターしてくださいね。

池田 園子

フリーランスの企画ライター。86年生まれ。楽天でポータルサイト運営、ITベンチャーでメディア運営を経て独立。現在は、R25、ITmedia、Impress、J-cast、ウレぴあ、など10媒体以上に執筆中。著書に『フリーランスで食っていきたい! 』がある。Twitter: @sonoko0511  Google+
他にもこんな記事を書いています
comments powered by Disqus
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です