このエントリーをはてなブックマークに追加

Best Teacher

今や数々のオンライン英会話学習サービスが登場しているけれど、忙しい社会人にとって、どれが継続しやすいの? そんな疑問を抱える人も少なくないのでは。みんなの英語ひろばでは、そんなサービスを追った「話題のオンライン英会話学習サービス特集」を不定期で連載します。第1回目は、スキマ時間を利用して効率的に英語を学べることで人気の「Best Teacher」。

Best Teacherとは?

Best Teacherとは、自分だけの教科書を作る「テキストチャットレッスン」と、そこで身につけた表現を実践する「ビデオチャットレッスン」を繰り返すことで、英語を定着させる英会話レッスンサービス。

「Skype英会話には、いきなり英会話をしようとしても、口から英語が出てこないという問題点があります。しかし、Best Teacherは、最初からリアルな会話に挑戦するのではなく、まずはネイティヴ講師と一緒に話したい英文を作成し、その後ビデオチャットで実践して身につけるという、まったく新しいメソッドを取り入れたサービスです」と話すのは運営者の宮地俊充さん。

確かに、既存のSkype英会話では「まずは話してみよう!」というコンセプトで、いきなり会話からスタートするのが定番。「そもそも英語を話せない状態なのだから、まずは正しい型を知った上で、それを使ってみることから始めないと、英会話力は向上しません」と宮地さんは続けます。

書き出した会話をもとに音声を吹き込んでもらう

サービス紹介

一方、Best Teacherではまずは書き出した会話を、ネイティヴの講師に正しい表現へ直してもらった上で、正しい音声を吹き込んでもらい、正確な表現と発音を知ってからSkypeで会話をするため、英語がスラスラと口から飛び出してきやすいのだとか。

さらに、既存のSkype英会話の講師はフィリピン大学の学生であることが多く、学生が使う英会話レベルの範囲から抜けられてないという欠点があります。だから料金が安いというメリットもありますが、真剣にビジネス英会話を身につけたい人にとっては、なかなか厳しいものがあるかも……。

Best Teacherでは、イギリス英語のネイティブや、現役英会話スクール講師などを厳選して採用しているため、ビジネスマンのニーズも満たすことが期待できるのです。

細切れ時間を活用することが継続の秘訣!

Best Teacherをどう使うと効果的なのかについても聞いてみました。

「理想的な使い方は、朝起き抜けに英文を送信して出勤し、職場に着いてパソコンを確認すると、先生からの返信が来ている。お昼休みにそれに返信。スキマ時間にダイアログ作成を進めたら、完成したダイアログとレコーディングをもとに夜にSkypeレッスンで実践することですね」と宮地さん。

何をすべきか悩んでしまいそうな細切れの時間を、見事に活用できています。Skype英会話とは異なり、パソコンの前に拘束されることはないため、既存サービスと併用しても使えるのが嬉しい。また、Skypeレッスンの時間も10分と短いことがポイント。無理なく続けられそうです。

そのため、子育て中に空いた時間や家事を終えて家族が帰ってくるまでの空き時間、仕事を終えて帰宅してからの空き時間などに使う人が多く、スキマ時間を有効利用したい多忙な主婦や社会人にウケているのだとか。

特に人気のコースは、自分自身や仕事の紹介などのベーシックなものはもちろん、「皆に意見を求めてみよう」「他の部署に電話をつないでみよう」といった、現実によくありそうなものの、パッと表現が出てこない、といったシチュエーションのお題が人気だそう。

最後に、利用者の生の声をいくつかピックアップしてみました。

「やってみる前は『毎日時間を取るのは難しいだろうな』と思っていたのですが、やってみたら全然そんなことはない感じです。続くかも」(30代男性)

「今は以下のような感じで時間を使っています。通勤の電車の中、お昼休みなどの隙間時間に会話をテキストベースで進める。1レッスン終わったら夜10時からのレッスンを予約。子どもたちを寝かしつけた後、15~30分程度レッスン前の準備。録音してくれた音声を聞きながら発音練習。疑問点を確認、メモしておく。レッスンを受ける(10分)。レッスン後、成績をつけてくれるのでそれを確認する」(30代女性)

「他サービスの無料レッスンを一度受けたときに感じた『事前の準備をちゃんとやらないとダメかも』という感覚は、今、Best Teacherをやっている限りは特に感じていません。まだ慣れてないからとかそういう事もあるかと思いますけれども」(20代女性)

「僕会話、英語が苦手なのでいきなり話すのは無理なんですよ(笑)。Best Teacherは先にテキストで自分で会話を作れるのが面白い。喋る教科書を自作するわけです」(20代男性)

「先に自分で文を作って添削を受けてから、レッスンを受けるので、正しい表現がしっかり残るのが良いですね。レッスン中にメモしたりとかではなく、書いたものが添削の時点で手元にあるので、後での復習にも役立つし、それ自体が、宣伝にあるように、自分の教科書になりますよね」(40代男性)

 

宮地さん自身もBest Teacherを活用し、テキストチャットレッスンで文法的に正しい文だけではなく、実践的な表現や新たな言い回しを教わりながら、ビデオチャットレッスンでそれらの表現を使った会話を楽しんでいるそう。空き時間を有効活用し、月額3,980円でレッスン数の制限なく利用できるBest Teacher、皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

Best Teacher 公式サイトはこちら
Best Teacher の口コミも募集中!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

池田 園子

フリーランスの企画ライター。86年生まれ。楽天でポータルサイト運営、ITベンチャーでメディア運営を経て独立。現在は、R25、ITmedia、Impress、J-cast、ウレぴあ、など10媒体以上に執筆中。著書に『フリーランスで食っていきたい! 』がある。Twitter: @sonoko0511  Google+
他にもこんな記事を書いています

最新記事の購読はRSSとTwitterが便利です

更新情報はRSSとTwitterでお届けしています。英語学習者にとって役立つ情報を発信していますのでフォロー頂けると幸いです。

rss  RSSの購読はこちら        follow us in feedly
comments powered by Disqus
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です