このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!フリーランスの現役英日翻訳者、ランサムはなです。これまで、私がプロの翻訳者になるまでの道のりをお話しして来ました。前回の記事では、英語教師になった私が、渡米して現地の日本語教師になり、日英特許翻訳のチェッカーに挑戦してみたところまでお話ししました。今回は、英日翻訳者としてのキャリアがどのようにスタートしたかについてお話ししたいと思います。

一本の電話から始まった、英日翻訳者としてのキャリア。

日英翻訳のチェッカーとして地元の翻訳会社に通うようになって数か月後、一本の電話がかかってきました。相手は「日本語教師養成講座」で一緒に勉強したアキラくん。ミシガンの大学院を卒業したアキラくんは、NYの日系新聞社に就職していました。

「はなさん、バイトしない?どうせそんな片田舎で、仕事なんてないでしょ?アパートの家賃ぐらいは稼げるよ」

・・・悔しいけれど、アキラくんの言うことは本当でした。コールセンターの仕事も、特許翻訳のチェッカーも「う~む」という手応え。あとは着物を着て、日本料理レストランでウェイトレスをするぐらいしか、地元に仕事はない。しかし不愛想な私に、ウェイトレスが務まるとは思えない。そんな私にとって、家賃代が稼げるバイトというのは魅力的でした。

「どんな仕事?」
「うん、明日の朝から、ボクがメールで英語の記事を2~3本送るからさ、その記事を日本語に要約して送り返してくれる?」
「いつまでに送り返せばいいの?」
「NY時間の午後4時、テキサス時間の午後3時ぐらいまでに送ってくれる?夕方には日本に送るから。」

・・・こうして翌日の朝から、NYのアキラくんから「今日の1本」というメールが届くようになりました。

記事の内容は、ハイテク関連のプレスリリース。新製品や新作映画、キャンペーンの紹介、投資家向け情報、調査会社の調査報告、決算報告、業界の動向に関する考察など、種類は様々です。一段落で終わる短い記事のときもあれば、数ページもの長~い記事のときもありました。これをプリントアウトしたものを手元に置き、メールの「返信」を押します。そして返信メールの本文にベタ打ちで翻訳を入れていきます。

正直なところ、最初のうちは、何が書いてあるのか、よくわかりませんでした・・・。コテコテの文系女子だった私には、技術系の話は「GREEK」(ちんぷんかんぷん)だったのです。しかも、プレスリリースは業界最新ニュースなので、鮮度が命。話題が新しすぎて、日本語訳がまだない製品やコンセプトが、英語の記事の随所にちりばめられていました。

「わ、わからん・・・泣」

血の気が引いていくのが自分でもわかりました。しかし、泣き言を言っているヒマはありません。何しろ4~5時間以内に、何とか形にしてNYに原稿を送り返さなければいけないのです。「出来ない」と言って代わりを探していたら、ますます時間のロスになるし、先方に迷惑がかかります。お尻に火がついたような気持ちで最初の記事に取り組むのですが、その間にも、アキラくんは続々と「次の1本」「最後の2本」と、次の記事を送り付けてくるのでした。

使えるものは何でも使った。

当時はインターネットが普及し始めて、それほど時間がたっていませんでした。オンラインで友人と交流したり、ショッピングをするということ自体、考えられない時代だったのです。「Affiliate」「Banner」「eCommerce」など、今では当たり前のインターネット用語ですが、当時はコンセプトはもちろん、日本語の定訳もありませんでした。

「バナーって何?あ、広告のことか!う~ん、まさか『帯』はおかしいよね?バナーって訳すしかないんじゃない?」みたいな試行錯誤の繰り返しでした。今でも「電子商取引/eコマース」、「電子メール/Eメール」など、一部の用語にばらつきがあるのは、当時の私たちの試行錯誤の名残りではないかと思っています。

不明な点は、地元の半導体会社に電話したり、大学のコンピューターラボで働く知人にメールを送ったりしました。専門書を日本から取り寄せたり、日本に問い合わせの国際電話をかけたこともありました。人、本、図書館、電話・・・使えるものは、何でも使ったと思います。

・・・しかし解せないのは、毎日必死の思いで納品しているのに、アキラくんが「良かった」とも「悪かった」とも言ってくれないことでした。私の翻訳は、一体どのように評価されているんだろうか?正式なトレーニングも受けていないし、学校にも行っていない。ひょっとすると、たくさんお直しが入っているのかもしれない。いつか突然、「試用期間は終わりました」と言って、採用を打ち切られるかもしれない。心配でした。

それなのに、アキラくんは何も言ってくれません。次の日になると、「今日の1本」が私を待ち受けているだけでした。しかし、無我夢中でそんな日を続けているうちに、気が付くと3か月が経過していました。「試用期間」は、いつの間にか終わっていたようです。

振り返ってみれば、相当なスパルタだった。

とは言え、1日2~3本の記事を、即日納品で連日翻訳するのは、正直きつい仕事でした。ゆっくりお昼を食べる時間も取れません。当時はまだ大学院にも在籍していましたから、両立は大変でした。急いで訳文をメールに打ち込んでいると、急にパソコンがフリーズし、再起動したときには原稿が消えていて、髪の毛が逆立ったこともありました。

こんなストレスの多い仕事は、耐えられない。あまりにもハードなので、アキラくんに電話して文句を言ったことがあります。

「こんな分量、毎日なんてできないよ!」

するとアキラくんは、

「えっそう?全部翻訳しなくても、要約でいいんだよ。3本ぐらい出来るでしょ?1日5本やってる人もいるんだよ。」

・・・と、冷酷なことを言うのです(泣)。

私は内心「鬼!」と思いながらも、すごすごと引き下がるしかありませんでした。なんだかんだ言っても、毎日お仕事がいただけることは、ありがたいことだったからです。「ここからずっと仕事をいただければ、日本語教師を辞めても、何とか食べて行けそうだ・・・」そう思った私は、思い切って大学院を辞め、IT関連の仕事が多いと言われるカリフォルニアに引っ越しました。

テキサスからカリフォルニアまで、車で約5日間かかる道のりです。道中も、滞在先のホテルで毎朝仕事を請け続け・・・。後日、ホテルからモデム使用料の高額請求が来て、卒倒しそうになったこともありましたが(仕事をせずに運転した方が、安上がりだった・・・泣)。でも、大学を離れて見知らぬ土地に行く決意が出来たのは、ネットさえあれば毎日毎日仕事が来る、という安心感があったからだと思います。

「1000本ノック」を2年半受け続けて、思ったこと。

結局私は、アキラくんの「1000本ノック」を2年半、ほぼ毎日続けました。当時を振り返ると、自分でもよくやったなと思います。あんなにストレスの大きい仕事は、今はもう出来ないと思います。ちなみに、プロの翻訳者の稼働量は、1日平均2000~3000ワードが相場です。実働1日8時間だとすると、1時間の処理量は300ワード強。私は実働5時間のタイムリミットの中で、多いときは2000ワード程度の分量をこなしていたことになります。

今思えば、相当のスパルタです。ただ、当時の私は、翻訳者の平均的な稼働量も料金も知りませんでした。相場を知らないからこそ、文句も言わずに頑張れたのかもしれません。私はこの経験を通じて、プロとしての心構えが身に付いたことに感謝しています。絶対に、締め切りを守ること。絶対に、途中で投げ出さないこと。そんな姿勢が叩き込まれました。そして何よりも嬉しかった副産物は、この経験を通じて、翻訳会社のトライアルに合格できる実力が身についたことです。

次回はフリーとして、どのように仕事を獲得し、キャリアを積み上げて行ったかをお話ししたいと思います。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

ランサムはな

年間100万ワードの実務翻訳をこなす翻訳歴21年目の英日翻訳者。津田塾大学英文科、テキサス大学大学院教育学部(カリキュラム・アンド・インストラクション)を卒業。NYの日系新聞社の翻訳を始め、デル、グーグル、マイクロソフト等、一流企業が日本市場を開拓する際の製品やホームページの日本語化、Eラーニングの教材翻訳に多数参画。ネットで世界中から仕事を受注しながらアラスカなど各地を転々とした後、北海道富良野市で10年間暮す。現在はテキサスと札幌を行き来する生活を送る。英検一級。英検二次面接官。日本語教育能力検定試験合格。米国翻訳者協会(ATA)認定翻訳者。ブログは「日本とアメリカで働く翻訳者のブログ」。 ツイッター: @HanaKRansom

最新記事の購読はRSSとTwitterが便利です

更新情報はRSSとTwitterでお届けしています。英語学習者にとって役立つ情報を発信していますのでフォロー頂けると幸いです。

rss  RSSの購読はこちら        follow us in feedly
comments powered by Disqus
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です