このエントリーをはてなブックマークに追加

DMM英会話に入会したらiKnowが無料だったため、使ってみたらいつの間にかライフタイム会員に申し込んでいた管理人のいわきんぐです。

iKnowを使い始めて3ヶ月ほど経ちましたので良かった点、気になった点など含めて書いてみたいと思います。

目次 [非表示]

iKnowの良いと思った点

細かいこと気にせず利用するだけでよい

この点がiKnowを利用する最大のメリットで、私がiKnowを利用している理由です。

普通、ボキャビルは何回も何回も繰り返すことが重要ですよね。その時、1日あたりどの分量を、何回繰り返すのか、それが終わったらまたどの程度繰り返せばいいか、というのを自分で調整する必要があります。

例えば、単語帳を使ってボキャビルしている場合は1日に4ページ分をさっと覚えて、10日間その4ページを繰り返し、記憶が定着したところで新しい4ページに取り掛かる...。という感じで記憶の定着具合を見ながら進めていくわけですが、これらのコントロールが結構面倒だったりするわけです。

それがiKnowだと何も考えずに、選択したコースを繰り返すだけで、勝手に記憶に定着していくんですね。これはとてもラクチンです。

以下の画像のように、iKnowは忘却曲線と呼ばれる人間の記憶メカニズムを考慮した学習パターンを取り入れているのでiKnow側で細かい調整をしてくれます。この調整具合がとてもいいんですね。自分で記憶の定着具合を確認する必要がないのがとても楽なのです。私は結構適当に利用しているのですが、確実に語彙は増えていると思います。

forgetting curve
画像引用元

語彙の種類が多い

iKnowでは「TOEIC」、「ビジネス英語」、「旅行・趣味」、「大学受験」などたくさんのコースが用意されています。

iKnow学習コース

通常、語彙はジャンルによって大分異なるものですから、目的に応じたコースを選択できるのはいいですね。また、コロケーション用のコースも追加されてきていますので、単語だけでなくコロケーションで覚えたい方にも対応しているのはうれしいところです。

例文が良い

本来、単語を単体で覚えるのはあまり良くないのですが、iKnowは単語と例文がセットになっているのでその点は問題ありません。そしてその例文がなかなか良くできていて、音読して単語の使われ方を確認するのにちょうどいいです。

そして、リスニングモードという例文と音声だけの機能もあるので、リピーティング、シャドウイング用の教材としても利用できます。

また、例文だけではなく単語の訳もチョイスが良いと思います。iKnowは基本的には日本人向けに作られているからだと思いますが、日本人にとって自然で、そして最も利用頻度が高いであろう訳が先頭に来ていることが多いと思います。

iKnowの注意点

大きな欠点のようなものはないのですが、一応いくつか注意点を挙げておこうと思います。

有料である

充実したサービスですので有料なのはしょうがないのですが、ボキャビルは長期間行うものです。そのため、長く使えばそれだけ費用がかかってきます。例えば月額1,480円のプランでも、5年間利用すると総支払額は88,800円にもなります。

上級レベル(10,000語を超えるレベル)の語彙に対応していない

ビジネス英語、TOEIC 900点以上向け、GMAT用のコースなどがありますが、英検一級レベルやTIME紙が普通に読めるレベル(〜15,000語)などを目指す場合は、そのレベルの語彙が登録されていませんので、学習したくてもすることはできません。これらは今後追加される可能性があるとは思いますが、個人的にはぜひ英検1級用をお願いしたいところです。

外出時に利用するならイヤホン必須

iKnowは英単語から、日本語から、音声から、文脈から、など多面的に単語を学習します。そのため、音声が聞けないとそもそも学習することができません。例えば電車の中にいる場合は音声を出して学習するわけにはいきませんのでイヤホンが必須になります。

若干目が疲れる

ほんとうに細かい点ではありますが、やはりスマホなど画面を見ながら利用するので若干目が疲れます。iPhoneなら「ナイトシフト機能」、Androidなら「ブルーライト軽減フィルター」などのアプリを使うとブルーライトをカットできるので多少は目が疲れにくくなります。

おすすめの利用方法

日々の利用方法としては、自宅でリラックスしている際にでも少しずつ学習するのがよいと思います。イヤホンを持ち歩いているのであれば、通勤電車の中など、スキマ時間を活用するのも良いと思います。私の場合はソファでゴロゴロしながらスマホで学習することが多いです。

学習方法については単語学習を中心に行い、例文は音読かリピーティングをするのがおすすめです。他の機能はたまに気分転換で利用する程度で良いと思います。

毎日15〜30分行えるのが理想ですが、とにかく継続することが重要ですので、どんなに忙しくても一日5個程度は行うようにした方がいいでしょう。

まとめ

学習者が記憶の定着具合をそれほど気にせずにボキャビルをできるのは画期的だと思います。英語学習は総合的に行わないといけないので日々の時間配分がなかなか大変なのですが、語彙だけでもこのアプリに任せることができるのは良いと思います。特にTOEIC900点台(〜10,000語レベル)まででしたら、このアプリで十分ではないでしょうか。

始め方としては、個人的にはライフタイムプランがおすすめですが、こちらから12ヶ月プランを申し込むと3ヶ月無料ボーナスがつきますのでこちらもいいと思います。また、DMM英会話の有料会員だとiKnowは無料ですので、DMM英会話と一緒に始めてみるのも良いと思います。

iKnowの12ヶ月プランを3ヶ月無料ボーナス付きで申し込む

iKnowの口コミを見る

DMM英会話の口コミを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

いわきんぐ(iwaking)

当サイト管理人。フィリピン、オーストラリア留学を経て、TOEICスコア880。現在はTOEIC900over&英検1級目指して学習中。 twitter: @iwaking  Google+
他にもこんな記事を書いています

最新記事の購読はRSSとTwitterが便利です

更新情報はRSSとTwitterでお届けしています。英語学習者にとって役立つ情報を発信していますのでフォロー頂けると幸いです。

rss  RSSの購読はこちら        follow us in feedly
comments powered by Disqus
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です