DMM英会話は2013年の開始以来、急速に会員数を増やし、すでに会員数は業界トップとも言われています。当初は業界ほぼ最安料金が話題になりましたが、最近ではiKnowを買収するなど勢いがあります。

そんなDMM英会話ですが、当サイト管理人が実際に体験レッスンを受講してみましたので、どんな感じなのかレポートしてみたいと思います。

目次 [非表示]

体験レッスンの予約方法

まずは会員登録をします。

メールアドレスとパスワードを入力。

メール認証をして登録完了です。

この画面からレッスンを予約できます。今回はたまたまキャンペーン中だったため、体験レッスンを3回まで予約できるようです。通常は2回までです。

体験レッスン1回目はH先生にしました。

予約時にレッスン内容と教材を指定することができます。教材はDMMオリジナル教材や、瞬間英作文、TOEIC対策本など豊富に揃っています。

また、自己紹介の実施有無、講師の話すスピード、間違いの指摘頻度、などについてもあらかじめリクエストを出しておくことができます。1レッスンの時間は25分しかありませんから毎回説明するのは時間が勿体無いです。これらを講師に伝えておけるのはいいですね。

当日の流れ

レッスン前の準備

レッスン時間の5分前にはスカイプを立ち上げておきます。事前に講師からスカイプ上で承認申請が来ますので承認しておきます。

またレッスンで使用する教材はサイト上からダウンロード可能です。

ちなみに、レッスン前に日本人サポートとの面談はありません。サイト上から連絡すればチャットで相談できるようですが、任意です。

1レッスン目

上にも書いた通り1レッスン目はH講師。明るい感じの先生で、自宅からのレッスンをしているようです。

教材は瞬間英作文を指定していましたので、あらかじめサイト上から開いておきました。

私は「自己紹介をしない」にチェックしていたので、自分の名前だけ伝えたらすぐにレッスンに入ります。

瞬間英作文のレッスン方法ですが、まず最初に英語を読み上げ、その後日本語で書かれた文を英語に翻訳します。

瞬間英作文は1レッスン当たり見開き1ページ分しか教材を利用することができません。そのため10分ちょっとで終わってしまいました。残りの時間はArticle Discussionをしつつ、自己紹介など雑談をしました。

2レッスン目

後日、2レッスン目を受講しました。講師はK先生。今回も瞬間英作文の教材を指定しました。ちなみにK先生も自宅からのレッスンでした。

前回と同様の手順で進めていただきました。ただやはり、瞬間英作文の教材は1レッスン当たり見開き1ページですので10分ちょっとで終わってしまいました。もう少し分量が欲しいところです。

3レッスン目

キャンペーン中のため体験レッスンは通常2回のところ、3回受講できました。最後の講師は2回目とは別のK先生。この先生も自宅からのレッスンでした。

今回はTOEIC英文法完全バイブルを選択しました。

この教材はTOEICのpart5形式の問題集です。レッスンの進め方としては問題を読み上げ、正解の選択肢を回答し、その理由を説明する、という流れでした。

私はpart5形式の問題に慣れているので難しくなかったのですが、理由を英語で説明するのは苦戦しました。主節(main clause)、従属節(subordinate clause)など文法用語がスパッと出てこないと説明できません。文法用語は事前に英語でしっかり覚えておきましょう。

まとめ

3レッスン受講しただけではありますが、受講してみて良かった点、気になった点についてまとめておきます。

良かった点

良かった点は、講師の方々は明るくフレンドリーで話しやすい方ばかりだったことです。今回は全員フィリピン人でしたので、この辺りは国民性があるのかもしれません。

また、教材が充実しているのもポイントです。個人的には、瞬間英作文は文法を身につける上で良い方法だと思いますので気軽に試せるのはいいと思います。ただし瞬間英作文、TOEIC対策本は1レッスン分しか利用することはできませんでした。

そのためレッスン中にそれ以上進めたい場合や、自習したい場合は購入した方がよいでしょう。この辺りは著作権の関係上しょうがない気もしますが、入会したからといってそれらの教材が全て無料で手にはいるわけではありませんので注意しましょう。

あと私はキャンペーンで3回受講できましたが、通常でも体験レッスンが無料で2回受講できるのは良いと思います。

気になった点

気になった点としては、今回受講した講師は全員自宅からのレッスンだったことです。そのためか若干音声が聞き取りづらいことや、動画が乱れることがありました。こちらは光回線ですので問題ないはずですが、講師が自宅からレッスンを行う場合はやはり不安定なことがあります。ただしオフィスからレッスンを行う先生もいるようですから、こちらは検索で絞り込めるようにして欲しいです。

まとめのまとめ

まとめますと、ほぼ最安の料金体系にもかかわらず全体的なバランスが良いスクールだと思います。毎日話す時間が欲しい方、初心者〜中級者に特に向いていると思います。

一方、とにかく回線品質や講師の質を重視する方はもう少し料金の高いスクールが良いかもしれません。

詳しい内容については、今後私が1〜2ヶ月続けてみて書いてみようと思います。

いわきんぐ(iwaking)

当サイト管理人。フィリピン、オーストラリア留学を経て、TOEICスコア880。現在はTOEIC900over&英検1級目指して学習中。 twitter: @iwaking  Google+
他にもこんな記事を書いています
comments powered by Disqus
ダウンロードするには、口コミの投稿が必要です